8月 29日


 たくさんのブルーベリーを、アイスクリームに。
暑い夏の日には、つめたーいアイスクリームがたまらない!

もう半分は、お砂糖を入れてコトコト煮込んで、甘酸っぱくておいしいジャムに。
消毒した瓶に詰めて、保存します。
できたての、アイスクリームのおいしいこと!
ふんわり、クリーミー。

明日はどんなアイスを作ろっか。
子供たちが楽しみにしている、我が家のおやつ。


いよいよ、夏休みも終わり。

夏休みの終わりは、なんだかいつも寂しくて、
ちょっと取り残されたような気分にさせられます。


8月 27日


 夏休み、長女と二女が一番楽しみにしていたイベント。
数ヶ月も前から、ずっとずっと指折り数えていた この日。

「SUMMER SCHOOL」


お父さんの職場を垣間見ることの出来る、2日間でした。
朝の9時から夕方5時まで 講義の時間があったり、レクレーションの時間があったり。
色々な特別授業を受けさせてもらったり、見学や体験などもあり、
とても充実した内容のサマースクール。

2日間とも、迎えに行った時の彼女らの顔は、すごく気持ち良いほどに充実感たっぷりの表情をしていて、
話しても話してもまだ話題が尽きない様子からも、楽しさが伝わってくるようでした。

2日目の午後、お父さんの仕事振りを目の当たりにして
興奮気味で帰ってきた娘たち。
「パパ、すごく格好よかった!!!」
「なんだかね、ヒーローみたいだった!!」


帰宅後、夫も嬉しそうでした。




彼女らがスクールへいっている間、私はというと・・・
三女を連れて買い物へ。

60色もの油性色鉛筆。
ヴァンゴッホの色鉛筆です。

夏休みの毎日を 夢中で描いていた我が家の画伯たちに、プレゼント。
色褪せることのない思い出を、鮮やかに残してほしいから。


残り数日になった夏休み。
7月16日からの絵日記を眺めると、楽しかった毎日がどんどんと甦ります。
家のプールで遊んだ日、
アイスクリームを作った日、
クッキーを焼いた日、
花火大会の日、
おばあちゃんが泊まりに来た日、
旅の準備にワクワクした日、
旅行へ行った日、
学校のプールの検定に受かった日、
映画を見に行った日、
宿題を頑張って終わらせた日、
そして、サマースクールの日。

毎日欠かさずに描いた二女の絵日記は、夏の宝物になりました。


どうかまた、来年もこんな楽しい夏休みを過ごせますように。

8月 20日


 先日の日記にも既に載っていますが、旅行の前日に3人分のワンピースを縫いました。
毎度毎度、旅行前夜にミシンを踏んでいる私です。


今回は、リバティの綿麻カペル。
サラッとしていて 汗の吸い取りがよく、それでいて柔らかくて肌に優しい着心地。
夏休みのワードローブにぴったりの生地です。

自然に恵まれた世界遺産を散策する際、風景に溶け込むようなワンピースにしたくて選んだ生地。
色は、あずきミルクと木いちご。
どちらもナチュラルなカラーでした。

娘たちの要望により、着替えが一番ラク!なスモックタイプのワンピース。
この夏、学校へ行くのもプールへ行くのも、毎日毎日このタイプのワンピースばかりでした。

前後ろがわかりやすいように、以前は胸元にシャーリングをいれていたのですが、
今回はスモッキング刺繍を施しました。
写真には写っていませんが、ハギレでシュシュも沢山作りました。
お洋服とお揃いのシュシュ、可愛くって大好きです。

木いちごのカラーの方だけはまだ布が余っているので、二女とお揃いで自分のブラウスでも作る予定です。



8月 19日


 夏の思い出を もうひとつ。
ブルーベリー狩りに行ってきました。

ブルーベリーのハウスに着くと、辺り一面、たわわに実ったブルーベリー!!
「30分後に迎えに来ますから、それまでお腹いっぱいどうぞ!」と、農園のおじさん。

我が家の二女は、大のブルーベリー好き。
私も、長女、三女も好きですが、二女のブルーベリー好きはかなりのものです。
かごいっぱいに、熟した大粒のブルーベリーを摘んでは食べ、また摘んでは食べ・・・。
「もう食べられない〜」と、苦しそうなほどの長女たちの分まで、二女は余裕で食べていきます。

タイムアップまでの30分。
ブルーベリーでお腹いっぱいになったなんて、初めてです。
そのうち、どの品種が一番おいしいか、なんて食べ比べてみたりして。


フレッシュなブルーベリーを、スーパーで買うと結構なお値段です。
そう思えば、かなりお得なブルーベリー狩り。
また来年も行きたいなぁと思います。


( ↓ 携帯の画像ですが・・・)
8月 16日


 高速道路で1時間半。
今年の夏は、世界遺産の村へ。

「わらの屋根を作るのって、すごく大変なんだね」
「昔のものがいっぱいだね。」

合掌造りを見学しながら、娘たちは興味深そうに階上へ、階下へ。
窓からの眺めも絶景で、しばらくの間、タイムスリップ。


今回の旅は、私の両親も一緒です。
それだけで、娘たちにとっても特別な旅行。
一緒にソフトクリームを食べたり、展望台までの道を登ったり。
展望台に着く頃、雨が酷く降ってきました。

父と夫に車を取りに行ってもらっている間、一休み。
その後、お昼ごはんに蕎麦を食べに行ったり 道の駅でゆっくりしたり。


今夜の宿は、「トヨタ白川郷自然學校」
とても綺麗で広く、清潔で心地よいホテルでした。
広大な敷地には、芝生広場やバーベキュー施設などが充実。
それから、森には小道が。マイナスイオンたっぷり。

談話室には、絵本や積み木、シロフォンなど 素朴な玩具が。
あまりに居心地良くて、ついウトウト・・・

ロビーからの眺め。
緑が美しく、目に優しい眺めです。

あちらこちらに、季節の草花がさりげなく活けられていたり、
上質な木の家具が置かれています。


ゆっくりと温泉を楽しんだ後は、館内のフレンチレストラン、ラ・リヴィエール・ブランシュで夕食。
とてもおいしいコース料理を楽しめます。
評判通り、どのお料理も本当においしかった!
幼児の三女だけは、お子さまプレートですが、小学生の長女二女は大人と同じコース料理です。贅沢〜!

特にメイン料理のスズキのおいしかったこと!
あの味、忘れられません!

写真には残っていませんが、スープはカリフラワーとじゃがいものスープ。
我が家の定番スープと一緒♪

桃のデザート。濃厚なバニラアイスクリームが隠れています。
これもとーってもおいしかった!


父と夫は、赤ワインを頼み、上機嫌で酔いしれていました。

翌朝は ロビー前集合で、ラジオ体操。
早起きの娘たちは 朝から温泉に入り、張り切っていました。

ビュッフェスタイルの朝ごはんをたくさん食べた後は、白川郷限定の黒ごまぷりん♪
ふるんふるんのプリンは、柔らかくって、ごまの風味が香ばしくて。


チェックアウトを済ませてからは、インタープリターさんに誘導され、自然体験へ。
森の小道を歩きながら、クイズやお話、葉っぱ探しゲームなど。
注意しなければならない葉っぱや植物なども教えてもらえるので、安心して楽しめます。

観て、聞いて、嗅いで、触って。
朝日の漏れる森の中、楽しい学びの時間を過ごすことができました。

子供も大人も楽しみながら無理なく学べる、素敵なロハススクール。
今度は季節のエコツアーに参加したいなぁと思っています。



夏の思い出がまたひとつ。
楽しい絵日記の1ページになりました。

8月 9日


 「恋愛運、今月の一位は乙女座だって!
  デートのお誘いが。 あっちこっちからモテモテだって!!ママ!
  どうしよう!! ママはもう結婚してるのに!!!」

隣で頭を抱える長女、小学三年生。
素直すぎて面白い、まだまだ9歳。

ホットケーキミックスで、簡単な蒸しパン。
メレンゲを作って、シフォンケーキの要領で蒸したので、ふ〜んわり、もっちもち。
柔らかくてふわふわの、メープル味。

オーブンレンジのスチーム、大活躍です。

オーブンレンジといえば。
長年愛用してきたオーブンレンジを、この夏買い換えました。
最近のは、また素晴らしいですねー。余熱があっと言う間です。
パンの焼きムラもなくなり、焼きたての表面のハリもよくて、パリッ、としています。
釜伸びも以前と比べてアップし、ふんわり。
オーブン使用後の冷却も早くて、苦になりません。

うーん、時代は進化してるなぁと実感しました。

夏休み、子供たちとのパン作りも楽しい日課のひとつです。



8月 4日


 「明日は映画を見に行こうね」
そう約束した翌朝、私が朝食を用意する頃には 長女も二女もその日の分の勉強を終え、
身支度も整えて ワクワクした表情で待っていました。
一体、何時に起きてたの?


『借りぐらしのアリエッティ』
ジブリ映画は、夏休みを よりワクワクとさせてくれる。
そんな気がします。
古いけれど、ところどころ可愛らしい屋敷や
手の入れ込みすぎていない、花やハーブがたくさんの庭。

家までのアプローチ、アーチのある庭、木の食器棚。
キルトのベッドカバー、食器、ハーブティー。
白い木の窓枠や、ブルーと透明のステンドグラス。
赤いワンピース、革の編み上げブーツ、まち針。


上品な雰囲気がとても好感のもてる、作品でした。
派手さやスピード感はないけれど、そこがまた良くて、心地よく観ることができました。
娘たちも気に入った様子で、帰宅後は早速 絵日記を描いていました。
長女と二女の絵日記は 文字数も全然違う用紙なのですが、
二人の感想も絵もそれぞれの個性が表われていて おもしろいなぁと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三姉妹の、夏のワードローブはリバティ。
ジョアンナの濃いピンクで、お揃いのブラウス。
肌触りのよいガーゼのショートパンツと合わせたら、夏の肌によく似合います。

この子達が大きくなって、楽しかった思い出を振り返ったとき。
夏の思い出と共に、よく着たブラウスの色も覚えていてくれるといいなぁ、なんて願います。


8月 1日


 夏休みに入ってから、あっという間に一日が過ぎていきます。
長女と二女は、もう何度プールへ通ったでしょうか。
授業で入るプールと違い、姉妹で一緒に遊べるのが楽しくて仕方ない様子で、
プールのある日は欠かさずに通っています。

昼からのプールへ行くために、午前中は黙々と机に向かって勉強をしています。
夏休みの宿題はほぼ片付きましたが、自主的なドリルや日記、感想文などをしています。



夏休みのはじめには、長女の誕生日がありました。
今年で9歳になりました。

ケーキは恒例、子供たちの大好きないちごのシフォンを焼きました。
クリームも、うっすらとピンクです。
トッピングには、ブルーベリーとストロベリー。
この時期は果物売り場からいちごが消えてしまうのに、「お願い!いちご!!」なんて頼まれてしまうので大変です。
冷凍のストロベリーを、ナパージュで水止めして使いました。

誕生日のお祝いパーティーは、部屋を飾りつけ、三姉妹がプログラムを考えて 二女が司会をしました。
とても楽しく、あたたかい誕生日会で、家族みんなの笑顔溢れる思い出となりました。
・・・あと何年こんなに幸せな誕生日会を過ごせるんだろう。

妹たちはそれぞれ、お小遣いの中からお姉ちゃんにプレゼントを用意し、
私たち親からは長女が欲しがっていた本を沢山。
お祖母ちゃんたちからも、図書券をたっぷり贈ってもらい・・・当分、読む本に困ることはなさそうです。



別の日は、地域の商店街のお祭りがあり、三人お揃いの浴衣を着て出かけました。
会場では学校や幼稚園のお友達にも沢山会い、それぞれ再会を楽しんだり。
商店街や自治体が主催する夜店なので、どれも100円か200円ほどの価格で楽しめるものが多く、
ヨーヨーつり、カキ氷、的当て。アイスクリームに、新鮮なフルーツ。
どれも夢中で遊んだ夜でした。
金魚すくいで持ち帰った金魚は、全部で17匹もあり、自宅の水槽で今現在も全部元気に泳いでいます。



花火大会の週末は、我が家に主人の両親を招き、庭でバーベキューをしながら楽しみました。
夜空に上がる色とりどりの花火に、お母さんは大喜び!!
お父さんも、大好きな焼酎を飲みながら 窓辺でごろんと横になって のんびり。
子供たちは、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にお風呂へ入り、
布団を並べて敷いて一緒に寝たり。
とても楽しい思い出になった様子です。

朝は焼きたてのパンで朝食。
お父さんもお母さんも、本当に楽しそうで、喜んで帰っていったのですけれど、
それ以上に私自身が楽しい時間を過ごせました。
毎週必ず会いに行っている主人の両親ですが、本当の親子に間違えられることもよくあるくらい、仲良くさせてもらっています。


さぁ、まだまだ8月が始まったばかり。
楽しく、充実した内容の夏休みにしたいですね!

home