6月 28日


 週末は、主人の祖父母がはるばる四国からやってきて
みんなで祖父の米寿のお祝いをしました。

娘たちにとったら、ひいおじいちゃん!
88歳とは思えないほど元気で、たくさん食べ、たくさん笑い、
冗談ばかり言っている、面白いおじいちゃんです!

還暦のお祝いで赤いものを身に付けるように、
米寿のお祝いでは、金色のものを身に付けるんですって。

前日に「金色のものって何があるの?」ということになり、急遽布屋さんへ。
黄金色のシルクの布を選びました。

前日の深夜に慌てて作った、黄金色のもの・・・
中折れ帽子です。
シルクなので軽く、裏地にはコットンデニムを使ってあるので、しっかりしています。
縦糸に赤、横糸に金を使ってある生地で、色の具合によっては褐色がかった金にも見えます。

出来はとにかく、みんなが喜んでくれたので嬉しかったです。
それに、娘たちが祖父母にとっても懐いていて、ずーーーっとくっついて離れないほどで、
お祖父ちゃんもお祖母ちゃんも、今までに無いほど楽しそうで 笑顔がとても良かったです。
それに、びっくりするほど沢山食べてくれたのです。

主人のお祖父ちゃんお祖母ちゃんなんですけれど、私のことも心から可愛がってくれて、
大大大好きな二人なので、まだまだ一緒に笑っていられる時間が続きますように。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて。
話は変わりますが、最近縫った、ブラウスをもう一枚。
ソレイアードのローン生地。
薄くて涼しくて、夏のブラウスにピッタリです。

ギャザーも寄せやすくて、アイロンのかかりもよく、バイヤスも縫いやすい。
その上、大好きなソレイアードの柄。なんて優秀な生地なんでしょう。

今回はKaraKaranのオーナーにカメラマンを依頼。(笑)
シャッターをきりながら、「何だか楽しくなってきた!」と張り切ってくれたオーナー。
爆笑の撮影になりました。
オーナーありがとう!
この日はアレンジレッスン。
今回はアジサイのブーケです。
ボリュームたっぷりの花束に、カラーとアンスリュームの大人っぽい色合いを合わせてみました。

使用花材
・アンスリューム(バーガンディー)
・アンスリューム(ラピド)
・アンスリューム(バニラ)
・カラー(クリスタルブラッシュ)
・カラー(ピカソ)
・アジサイ
・きいちごの葉
6月 24日


 梅雨の晴れ間。
ベッドリネンを全部お洗濯して、竿に干したシーツがパタパタと風に揺れているのを見ると、ほっとします。
毎日、家中の床を拭き 洗濯をして 庭の花に水をやり・・・
淡々とした繰り返しにみえる日常の中でも、私なりの安心感と、小さな喜びがあり、
今日を過ごしています。
瑞々しいアジサイの季節。
花にしか癒せないものもあると思います。



昨晩、長女のワンピースを縫いました。
今朝、自分の机の脇にかけてあるワンピースを見つけた長女は、
「ママ、ありがと!」と、ちっちゃな頃から変わらない笑顔で 嬉しそうに着て行きました。
リバティの簡単ワンピースですが、夏の定番です。


そして、自分用にもリバティでブラウスを。
Cotton tailのパープル。ウサギ柄です。
この柄、生地だけを近くで見ると 白目のウサギが怖い?のですが、仕立て栄えのする柄です。
実際、パッと見ウサギ柄だってわからないほどですし。
繰り返し模様がどことなくクラシカルで、上品なブラウスに仕上がりました。

バイアス裁ちした大人しめのフレアーと、すっきりした胸元、
そして小さな袖が可愛らしいブラウスです。
バイアス断ちマジックで、ちょっと着痩せ効果も?

Tシャツよりもブラウスにジーンズ、が定番の私ですが、
冬のジーンズはGold Signばかりで、夏になるとこのマーガレットハウエルの麻混ジーンズばかりになります。
ハウエルの方は、バギーラインになっているので、ちょっとだけコンパクトなブラウスの方が相性が良く、
かといって ゆとりの無いスリムなラインのブラウスは窮屈で好みではないので、
これくらいのデザインが丁度良いのです。


大好きなリバティを存分に楽しめる季節。
もう少し縫いたいなぁと思っています。


6月 17日


 6月に入ってから暑くなり、幼稚園も小学校もプール開きになりました。
毎日、帰宅直後に洗濯機を回して 水着とタオルを干し、
翌日の朝にはまた持っていけるように支度しておくのが、結構大変だったりします。

あのポンチョ型バスタオル・・・被るとてるてる坊主みたいになる、あれです。(笑)
なかなか乾ききらずに、苦戦しています。
そう何枚もいらないしー・・・ただでさえ3人分もあるのに。

昨日は、久しぶりにミシンを踏みました。
自分のブラウスを2枚。
夏は服の間を風が通るような、たっぷりとした袖のブラウスが好きです。
写真は撮っていませんが、またそのうちに。

さて、娘たちのワンピースにも取りかかろうと思います。
長女曰く、「リバティのワンピースが一番涼しくて、プールの時の着替えもしやすい」のだとか。
贅沢なー!と思いつつ、布山から生地を選ぶ作業は楽しいです。


6月 16日


 野菜を植えようとなったとき、娘たちにそれぞれ好きな野菜を選んでもらいました。
長女はとうもろこし。
次女はピーマン。
三女はきゅうり。

先週末は次女のピーマンが、初収穫でした。
ツヤツヤの、美味しそうなピーマン!
まずはサラダで?それともシンプルに焼いて?

収穫の瞬間。
野菜好き次女の、嬉しそうな顔。
ドキドキしながら鋏でピーマンを摘み取った、小さな一年生の手。
たったひとつのピーマンを 大事そうに抱えて、家まで持ち帰りました。


次はどんな野菜が収穫できるかな?

6月 12日


 Dioressence

ピンクパープルに、縁どりに所々ルージュが入り、外側の花びらには薄くシルバーがかった色合い。
裏から覗くとまた違った表情を見せてくれる 魅力的なバラ。
さらに、芳醇な香り。ディオールの香水にちなんでつけられた名前のバラです。

玄関スペースに、さっそく飾りました。
アンティークな色合いが、インテリアにも馴染んでくれます。

ドキドキ ドキドキ・・・・・・
実はここ数日、悪夢を見るほどの緊張や不安に押されています。

一年前の同じ時期も 同じ緊張を味わったけれど、
今年はプレッシャーも増え、難易度も格段に高くなり、また追う夢も大きくなっている娘の後ろで、
本人以上に緊張している、情けない母親です。



6月 10日


 お花を頂く機会がありました。
お花を贈る事が多いのですが、頂くのは久しぶり。 すごく嬉しかったです。
大っっ好きなセルリア。
ふわふわの産毛が可愛らしい豆も入ってます。
最近は午後の自由が利かないので、アレンジレッスンも前回お休みしているのですが、
お花のある生活って、やっぱり良いですね。 

お花を持ってきてくれたお友達と、自宅でランチ。
冷蔵庫の中にある食材でパパッと簡単に作るのも、最近は上手になってきたかな?
この日のメニューは、ヴィシソワーズ、イタリアントマトとチーズのペスト・ジェノヴェーゼパスタ。
キッチンの外で作っているバジルが、すくすくと育っているので、大活躍なのです。
デザートは、バナナとくるみのパウンドケーキ。
しっとりしていて大好きなレシピです。

時には誰かをおもてなし。
そんな時間も大好きです。



さて。
実は春前から、家族で野菜作りをしていました。
今の住まいから程近い場所に、近い将来にマイホームを建てる予定があります。
今はまだ計画前の段階なので、遊んでいる土地で畑作りを楽しんでいます。

まず、先週末に収穫祭(笑)だったのは、じゃがいも。
通常よりもかなり小粒で、甘みの強い品種、インカのめざめ。

植え付けや、追肥の時も、子供と一緒に作業することを大前提としています。
待ちに待った、収穫の日。
宝物探しのように、キャアキャアと喜びながら収穫する三姉妹。とっても楽しそうでした!

家に帰り、早速調理。
ジャガイモが蒸し器からあがった瞬間から、そのままパクパクと食べました。
ちょこっとバターを足してじゃがバターにしたら、もう止まらないほど。
ポテトサラダに・・・なんて思っていたのですが、それどころじゃなかったです。(笑)

栗のように甘い、小粒のじゃがいも。
収穫量の半分は冷凍保存してありますので、もうしばらく楽しめそうです。


食育、なんて気は最初はなかったのですが、
こうして自分たちで苦労して畑をおこし、植え付け、世話もして、喜びの収穫と、感謝の食事。
安心、安全な材料でのご飯。
家族みんなで楽しんでいる、週末の趣味です。
(お父さんの肥満防止にも、いい運動になってますしね!)


6月 4日


 おはようございます。
今日は暑くなりそうな予感をさせる朝です。

一週間の終わり 金曜日は、なんだか心にも余裕が生まれる気がします。

今朝、三女が「マカロン作りたい!」と言っていたので
幼稚園から帰ってきたら エプロンをつけて一緒にキッチンに立って・・・なんてちょっと楽しみだったりします。



6月 3日


 陽が長くなりましたね。
心地よい風が吹いていたので、ちょっと早めの夕ご飯を、ガーデンで食べることにしました。
ハッシュドビーフにレタスとパプリカのサラダ。
今日のスープは、ヴィシソワーズです。

お隣のお友達も呼んで、一緒に。
そのうち、お友達の弟くんとママも入って、
ワイワイと賑やかな、楽しい夕飯になりました。


子供と一緒に、遊ぶように暮らす日々。

今日も一生懸命、マメに遊んでいます!!(笑)


6月 2日


 昨日、娘たちを全員送り出してから 急いで洗濯物を干し、庭の花たちに水を遣り、いそいそと車に乗り込み・・・
母を連れて花フェスタ記念公園へ行ってきました。
母と一緒に来るのは初めてですが、心配していた以上によく歩き、バラを見て喜ぶ母に、嬉しくなりました。

この日着ていた服が、偶然にも母とお揃いの生地でできたワンピース。
えーー!?お揃い?まさかこの歳で?とビックリしましたが、まぁ街なかに行くわけでもないし、着替えに戻るのも・・・と出発。
公園内で「作られたんですか?お揃いで仲が良いですねー。」と何度か声をかけられ、ちょっと恥ずかしい親子でした。
今、最高に見頃!な記念公園。
本当に華やかです。

平日昼間、定年後なのだろうなと思われる夫婦で来られている方々も多くて 
仲良く歩いている様子が、とても微笑ましくうつりました。

この日に来園した目的。
4大ロザリアンのトークショー。

バラ仲間のご夫婦やお友達も やっぱり来てみえました。
ちょっと離れた場所で顔なじみに会えたりすると、嬉しいものです。

トークの内容も、期待通り面白く、楽しく、時間オーバーで(笑)
今年のデルバールの新品種を見つけに行った時のお話や、
行くことができなかった『国際バラとガーデニングショウ』の内容を聞けたのも良かったです。
トークショーの後、ガーデンツアーがあったのですが、
娘たちの帰宅時間には家にいて出迎えてあげたかったので ここで引きあげることにしました。
バラ仲間のお友達やご夫婦、会場の外にみえた耕生さんにも「今日は帰りますー。また来週!」とご挨拶して。
ガーデンツアーの様子、来週伺わせていただこうっと。

いつもは記念公園では苗を買わない私ですが、
この日は一苗、選んできました。

「Dioressence」

素敵なバラに出会えますように。

home