home
12月 26日


 Merry Christmas

どんなクリスマスを過ごされましたか?


我が家は24日、25日両日共に 娘たちの音楽コンクールでした。
当日までは何だか落ち着かず、クリスマスにコンクールなんて・・・!と思ったりもしましたが
不安を抱えていたのは親の方だったようで、娘たちは堂々とステージに立ってくれました。

子供たちが作曲した、それぞれの曲。
夢いっぱいのメロディーに、美しいハーモニー。

どんな作曲家の曲よりも
どんな有名なオーケストラよりも
どんなに上手なピアニストの演奏よりも
私たちの心に響く、何よりも素敵な 音楽のプレゼント。

どんなに高価なプレゼントも敵わない、pricelessな 子供たちからのChristmas present 
心揺さぶられる音楽に感動し、涙した、とても素晴らしいクリスマスでした。

25日は朝から雪が舞い、ホワイトクリスマスに☆
窓の外は銀世界。
子供たちの奏でる、透き通ったピュアな音楽が、心を洗い流してくれました。

ありがとう。




今年のクリスマスケーキ。
こんな感じに仕上げました。


ベリーのタルトをリース仕立てにして、ラッピング。

ストロベリー、ブルーベリーにカシス。それから、フランボワーズもたっぷり。
針葉樹のリースの中には、真っ赤な林檎のキャンドル。

あちこちにキャンドルを灯して、幻想的な雰囲気に。
娘たちも、とても喜んでくれました。


Merry Christmas!




12月 10日


 クリスマスツリー、飾りました。


昨年まで活躍してくれていたモミの木も、今年はもう枯れてしまって・・・
どうしようかな?
フェイクツリーを買おうかな?
やっぱり生のモミの木を買おうかな?

そんなこんなで悩んでいるうちに、12月。



今年は、こんなクリスマスツリーを飾ることにしました。


先週、ヒムロスギや、ヒバ、ヒイラギ、ブローニアを お花屋さんで選んで、担いで(笑) 帰宅しました。

ブリキのバケツにザクザクっと活けて固定したら、クリスマスツリーの完成♪
フレッシュなツリーは、やっぱり香りがとっても良いです。

北欧土産のストローオーナメントを飾るのは、娘たちの担当。



母に作ってもらったムーミンの家の周りには、ちっちゃな陶サンタたち。
マメサンタ。 たくさん並ぶと可愛いです。


ブリキバケツの足元には、キャンドルをいくつか。



モミの木を薄くカットして作られた、ムーミンオーナメント。
ムーミンにフローレン、リトルミィ、ニョロニョロもあるんですよー。




ツリートップには、クリスマスエンジェル。

クリスマスの準備はまだまだ終わりません。
クリスマスカードを、友人たちに贈ったり
アメリカに住む姪っ子甥っ子に、プレゼントを贈ったり。
我が家の娘たちは、それぞれ欲しいものを手紙に書いてポストへ。


子供のころ、サンタクロースがやってくるクリスマスの夜は、ワクワクして胸いっぱいな気持ちで眠りました。
大人になった今は、サンタクロースのお手伝い。アシスタント。

子供のころよりも もっとワクワクして もっと幸せになれる。

娘たち。
今年も素敵なクリスマスを、ありがとう。



12月 1日


 街の中が、クリスマスカラーに染まります。
12月、自然と心躍ってしまう 大好きな月。


今日は、かなり久しぶりのHandmade日記です。


リバティ ソープでティアードスカート。
モーヴグレーの渋さが、上品で何とも良い感じ。

裏地も勿論ついています。
穿きやすさも抜群。保温性もあって、秋冬の使えるリバティスカート。

可愛らしい ちいさなリンゴを近所のお花屋さんで分けていただいたので・・・
急遽、冬のブーケを制作してみました。
綿とグリーンをベースに、ヒイラギやリンゴで可愛く。

こういう まぁるいブーケ、大好きです。



さて、Handmadeをもう一点。

らくちんニットの、ワンピース。

シンプルなワンピースなので、小物でいろいろ楽しめます。

肌触り抜群、お気に入りのジョンストンズのカシミアショールを合わせて、今年流行のトラッドスタイルにも・・・



ファー付きのショールを合わせて、フォーマルな席にも。


このニットワンピース、パターンが本当に綺麗なので ラクチンなのにキマル、有難いアイテムです。
実は私の着ているのは2作目。
1作目は、母があまりに気に入ってくれたので、そのままプレゼントしちゃいました。


秋の終わり。
庭に、Rose Pompadourが艶やかに咲いていました。


キュンとくる、甘酸っぱい香り。
大好きな大好きな、私のバラ。