1月 27日


 今日は、にんじんのポタージュ。


バターでじっくり炒めたにんじんは、とっても甘いスープになります。
牛乳や生クリームを使わず、夫の母にもらった豆乳でのばしたら、こっくりとコクのある味になりました。

夕飯を朝から準備したので、夕方の家事がらくちんです。
今夜のメニューは、
・牛スネ肉の赤ワイン煮込み
・にんじんのポタージュ
・サラダ
デザートにはいちご。
箸休め?の、常備菜もいくつか作りました。

窓からの日差しが暖かい午前、穏やかな音楽を聴きながら キッチンに立っている自分は好きです。
『かもめ食堂』や、『食堂かたつむり』のような、大好きな映画のワンシーンのようで
それでいて、大喜びしてくれる子供たちが居て。
食にうるさい夫を 今日も唸らせてやるぞ、なんて意気込んで 楽しみながら料理をしています。



もうすぐワクワク、バレンタイン。
二女がこっそり、ナイショで教えてくれた『チョコレートをあげたい男の子』にも、
可愛いご近所のチビちゃんにも。
それから、お世話になっている人たち。
愛すべき家族にも。

そろそろ予行練習しましょうかね。


1月 26日


 陶芸をしている母に、立派な土鍋を作ってもらいました。
まんまる、可愛いかたち。

「どんな料理でもおいしくなるから!」と言われて、笑いながら作った鍋料理の、おいしかったこと!
本当に、びっくりです。

この土鍋で、お米も炊いてみました。
ふっくらで、つやつやの、甘いご飯になりました。

手作りの土鍋。
料理に魔法がかかったように、ぐーーんとおいしくなります。

今日はおでん。
朝から仕込んだお野菜たち。
夜にはおいしい魔法がかかっているはず。



冬野菜。
色々ありますが、この時期はかぶがおいしいですね。

今日のランチには、かぶのポタージュ。
タマネギと蕪の他にも、セロリが隠れています。
器によそってから、仕上げに泡立てたホットミルクをのせると、カプチーノ・スープ!

子供に野菜をたくさん食べてもらいたいから、我が家はスープが定番です。
野菜から栄養をもらって、元気な『いのち』になりますように。



1月 25日


 いちごのおいしい季節です。

甘くて大粒の、地元で取れた新鮮ないちご。
今朝は、農協主催の朝市で、4パックも買ってきました。
スーパーで買うよりも安くて、うんと新鮮ないちごが並びます。

三女の顔ほどある 大きなサイズのカフェオレボウルに、山盛りのいちご。
『好きな食べ物は?』と聞かれると必ず『いちご!』と答える三女は、大喜び!
お姉ちゃんたちが帰ってくる前に、1パックぺろりと食べてしまいました。

私も2粒もらいましたが、ほーんと、びっくりするくらい甘い!
今年はイチゴ狩りに行きたいねーなんて、親子で話しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来週、ボランティアで参加している『読み聞かせ』での、私の出番がまわってきます。
前回読んだ絵本は、『くまさんのドーナツ』という絵本。
今回用意しているのは、『バムとケロの もりのこや』
大好きなバムケロシリーズの最新作です。
可愛いケロちゃんが大好き。

予備として、『くすのきだんちは ゆきのなか』も準備。
思いやりの心があったかくて、大好きなくすのきだんちシリーズ。


一年生のクラスを担当しているのですが、私が教室に行くと、二女がとっても嬉しそうな表情をします。
とけちゃいそうなくらい 目を細めて、肩幅をキューっと細めるようにして、席に座っています。
こんな娘の表情を見るたびに、私もたまらなく嬉しくなるのです。



1月 12日


 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ、よろしくおねがいいたします。

昨年のクリスマス翌日は、我が家の冬の大イベント、音楽教室の発表会でした。
堂々とした演奏で、無事に弾ききることができ、素晴らしい結果もいただけました。
因みに、長女のドレスはオーダーですが、三女のドレスは縫いました。

曲に合わせて、いつもドレスを選んだりするのですが、三女が作ったのは、クリスマスの曲。

真っ赤なサテン生地をたっぷり使ったドレス。
ウエストには、後ろで結んだ、大きなリボン。
襟元と、裾にはMOKUBAのファーをあしらい、クリスマスらしく仕上げました。

実は、出来上がったのは前々日となるクリスマスイヴ。

出来たばかりのドレスを着て、クリスマスケーキの前でスタンバイ。
汚れたら困るから〜と言って着替えさせましたが、 脱ぎたがらずに困りました。(苦笑)

発表会というのは、当日はステージの上でスポットライトを浴びて それはそれは華やかで楽しいものですが、
練習も沢山で、弾けるようになるまでも長く、弾けるようになってからも長く、
技術力や、表現力に加えて、精神力や健康管理までも気を遣い、本当に大変な日々なのですが、
やはり、得られる感動というのは格別です。
またひとつ、親子共に大きな山を乗り越えました。



なんてホッとしたのもつかの間、次は6月のコンクールへ向けて猛練習です。
さぁ、1月。
また新たなスタートです。