home
7月 22日


 夏の野菜たちが、毎日大量に収穫できています。

つやつや顔の、トマトにピーマン。
パプリカも少しずつ色付いてきました。
オクラも数本ずつ収穫。
キュウリは、毎日十数本なるので 消費が追いつきません!

みんなで一生懸命になって作ったキッチンガーデンだから、育てる喜び、収穫する喜びもひとしおです。


今朝はラジオ体操の当番で、早朝から固まっていた身体を伸ばしました。
さぁ、今日もいい天気です。

掃除、洗濯を気持ちよく済ませたら、娘の衣装を仕上げなくっちゃ。




7月 17日


 久しぶりに自分のお洋服。

ホワイトの総レースで、チュニックです。
えへへ。
摘んだバラで、顔隠し(笑)



5分丈の袖が、二の腕をカバーしてくれます。
さすがに純白総レースだと、ワンピース一枚で着るには勇気がいるなぁ思ったので、
パンツやレギンスに合わせやすいチュニック丈で作りました。


白×デニムは定番の組み合わせですが、年齢を重ねるほど まだまだ着こなしていたいスタイル。


夏はやっぱり、素足にサンダルでしょう!
laidback londonのキラキラビーズサンダル。
ヒールのあるタイプなので、フラットタイプよりも歩きやすくて、その上軽い!
最近、こればっかり。


白いサークルレース、まだまだアパレルでも使用されていますね。
サークルの中にも、細かな刺繍が施してあって、表情豊かな生地です。



さぁ、明日は終業式。

我が家の末っ子は、「えっ!夏休みの始まりの式だから 『
ぎょうしき』 なのかと思ってた!!」
なんて大ボケしてましたけどね。


夏休み、思い出いっぱい!笑顔もいっぱい!努力もいっぱい!!
いよいよはじまります!


7月 16日


 今年の梅雨明けは早かったですね。

毎日、学校から帰ってくる子供たちは 汗びっしょりで帰宅し、
庭のビニールプールでさんざん遊び、冷えた頃にお風呂に入る・・・
そんな感じで過ごしています。


2013 summerコレクション(笑)
第二弾ワンピースです。

リバティプリントの2009年コレクションより 『Garla』(ガーラ)


パープルベースに、落ち着いたニュアンスカラーの花がブーケのように集まっている柄です。
地のオフホワイトの面積が少ないため、透ける心配も少ないので学校へも着ていけます。

夏だけど涼しげに、それでいて子供らしく、かつ落ち着きある色・・・
なんて山ほどの条件をクリアしてくれるこの柄。
なんとか3着分、ギリギリとれました。
もう、ちっちゃなハギレしか残ってません。



この、前身頃のタックが好きなんですよ。

今回は娘たちの要望もあり、ポケットつき〜。
ポケット布はリバティのThorpe (ソープ)柄です。
シームポケットなので、すっきり隠れてますが・・・。



子供たちが大人になったとき、ちょっとした思い出のひとコマひとコマに
『ママの作ったワンピース』が、残っていたら嬉しいなぁ。


子供たちのサイズも毎年大きくなって、ちっちゃな頃のお洋服は もう着られないものもあるんです。
とっても可愛くて気に入ってて、大切にしすぎちゃって キレイなままのものは、お友達の娘ちゃんに貰ってもらったり
ある程度着古してしまったものは処分したりもするんですが
リバティで作ったお洋服たちは、どうしても手元から離したくなくて
赤ちゃんの頃のワンピースやチュニックまでも 大切にとってあります。

お金をかけたお洋服よりも、心をかけたお洋服のほうが
ずっと愛おしく感じるんですよね。


後ろ空きに、お花柄のボタン。

どのボタンにしようかな〜なんて悩む時間も好きです。
可愛いボタンがあると、大抵は3個単位で購入しています。




さて、次は三姉妹にハーフパンツを。
夏休みを目前に控えて、まだまだ縫ってあげたいもの、沢山です。



7月 3日


 梅雨らしい天気です。
気温も涼しくて、雨の合間に庭に出ると 澄んだ空気がとてもおいしく感じます。

オイルランプを室内で焚くのも大好きですが、自然の香りには敵いませんね。

胸いっぱいに深呼吸。




今夜は、子供たちと一緒に夕ご飯を作ってみようかな。

お手伝いの定番といったら、やっぱりカレーライス?!
茄子カレーが大好きな三姉妹だから、茄子を買ってこよう。

お米の研ぎ係りは、今までは長女の役割だったけれど 最近、長女が次女に教えてくれて、バトンタッチ。

みじん切り、炒めもの。
そろそろ、長女に任せてみようかな。
灰汁取りも、丁寧に頑張ってもらおう!

ママの隠し味の秘密も子供たちに伝授して、一緒に味見。
煮込んでいる間、みんなでお腹をぐーぐー空かせて待っていよう。
パパも、腹ペコで帰ってきてね。
空腹は、最高の調味料!


今夜のスープは、とうもろこしのスープ。
芯を煮込んで出汁をとったから、奥深い旨みがたっぷり。

庭で取れたてのキュウリ、どうやって食べようかな。
皆で作ったポタジェ、一緒に植えた苗。
日毎に大きく育ってくれて、実がなって。
自分たちで育てた野菜は、絶対に残さないし、ちゃんと味わって、美味しいねって褒めながら食べてくれる。




誰かが喜んで食べてくれる しあわせ。
褒めてくれる 嬉しさ。
皆で食べる 楽しさ。


娘たちにも、感じてもらいたいから
今夜は、みんなを巻き込んで 夕飯の支度をしよう。






7月 1日


 今日から7月。 いよいよ、夏本番!!



 『sottoportego』 (ソットポルテゴ)


ヴェネツィアの路地、こんなトンネルのような道についている名前。

ソットポルテゴの向こうには、瑞々しい芝生の広場。
そして、玄関のドア。



週末、宣言通り(?)娘たちのニットワンピースを縫いました。
すっぽり被れるプルオーバータイプ。

白×紺でマリンテイスト!
夏ですからね。



三姉妹、それぞれちょっとずつお揃いです。

一番上のお姉ちゃんは、紺ベースに白ボーダー。
二番目お姉ちゃんは、白ベースに紺ボーダー。
末っ子は、お姉ちゃんたちのmixです。

無地もボーダーもNIMESの生地なので、とっても縫いやすかった!



一昨年縫ったワンピースを「まだ着れるかなぁ。今年も着たいんだけど。」と言い、
今年縫ったワンピースを、「これね、今、一番好きな服!!」と、喜んでくれる。

そんな風に笑ってくれる長女は、もう小学6年生。来年からは中学生。


あと何回分の夏休み、私の作ったワンピースを着てくれるんだろう。
あと何枚、そうやって喜んでくれるんだろう?



そう思ったら、ちょっと寂しくなりました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家づくりをご検討中の方は、由ホームさんを介しての見学を受け入れております。

↓(click!)
【由ホーム】
「こだわり設計/自由設計の一生満足し続ける家」
 岐阜・愛知で レンガ積みの家 
http://www.you-home.co.jp/index.htm