home
7月 30日


 子供たちが夏休みに入り、毎日賑やかに過ごしています。

長女は13歳の誕生日を迎えました。



お友達が買ってきてくれたメロン!
とろとろのプリンがメロンの中に入っていて、とってもおいしかったです。


是非、撮ってほしいの。 との依頼で、赤ちゃんの写真を撮りました。

お母さんが抱っこしている様子、ちっちゃな手。ちっちゃな足。
まぁるいお尻や、泣きそうな顔。
すやすやと眠っている顔。
笑い声が聞こえてきそうな 家族写真。


やっぱり子供を撮るのは、とても楽しい。
お母さんの愛情や、赤ちゃん独特のふんわりした空気が伝わるような、そんな写真。

抱っこさせてもらったら、あったかくて柔らかくて、しあわせな気持ちになれました。
いいな〜赤ちゃん。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長い間皆様との交流を楽しませていただきましたが、GUEST BOOKのページを8月1日付で閉じさせていただきます。
今後、ご質問やご意見などは個人的にメールいただく等の方法でお願いいたします。


7月 10日


 『梅雨』だとか、『初夏』だとか。

そういう言葉が、美しいと思う。

リサ・ラーソンのベース。ドレス。
白色はウエディングドレスみたいに見えるから、バラがとってもよく似合う。




台風の朝に摘んだから、雨粒たっぷりで瑞々しい。


7月 3日


 本日、我が家にシンボルツリーがやってきました。


『アオハダ』

種名: Ilex macropoda Miquel
分類: モチノキ科モチノキ属

落葉高木で、樹皮は灰白色。
卵型の葉っぱが涼しげに揺れています。



樹が一本あるだけで、庭の雰囲気がぐっと変わりました。
奥行き、それから高さを感じられる空間ができたように感じます。

場所は悩んだ末、芝生の中央より少しだけ東寄り。
理由は、樹の周りを子供たちがぐるぐると駆け回れるようにしたかったこと。
自然樹形を生かすため、隣地への侵入を絶対にしない場所にしたかったこと。
樹の周り360°ぐるりとデッドスペースにしたくなかったこと。

結果、隣家の窓もふんわりと目隠しできる、一番良い場所となりました。

子どもたちは、アリスのように木陰で本を読んだり、寝転がってお昼寝したりしたいんだそうです。


随分前から、この樹を選んでいてくれた 阿部容子さん。
かたくり工房(http://www.katakuri.co.jp/index_katakuri.htm)の大将と、容子さんの長男さんと3人で植えに来てくれました!

容子さんに選んでいただいた、とっておきの樹木。
大将と長男さんに植栽していただいて、大将の剪定が入り・・・




じゃーんっっっ!!!

こんな素晴らしい雰囲気の庭に。


由ホームさんが建ててくれた家。
大野耕生さんが手掛けてくれたバラ。
阿部容子さんが手掛けてくれた樹木。

携わってくれた皆さんが、遊びに来るように、今でも笑顔で訪問してくれることが とても嬉しい。

私の友人たちも両親も。
みんなが、『ただいま〜』と、口をそろえて玄関をくぐってくれて 
笑顔や笑い声が絶えなくて
植物に囲まれて、BGMは森から聞こえる鳥の鳴き声。


お腹が空いたら、みんなとランチを作って、一緒に食べて
美味しい珈琲と、ちょっとしたおやつ。

楽しい時間を、誰かと共有する喜び。



ちょっと大げさかもしれないけれど、
人生は、心の豊かさを感じながら 時間を楽しんで進んでいくことが
喜びや、幸せなのかもしれないと思う。