home
5月 27日


 玄関先のビエドゥー、開花始まりました!!
一気に両脇が賑やかになってきました。

ほら、次々と咲き始めています。
白とピンクのストライプ。 とっても優しい色合い。

これ、一株でこんなに育ってくれました。
ざっと数えたところ300は下らないな〜なんて話していたのですが
今日数えてみたら500以上もの花数です!!
凄い!凄い!凄すぎる!!!

地植えって凄いパワー。
他の子たちも、地におろしてあげたくなりました。

見えますか?この見事な房咲き。
周囲に待機している蕾たちの沢山なこと!
開花した淡い色合いの花弁と、蕾の濃い色のコントラストがまた、表情豊かで良いですね。

Billet doux
ビエ・ドゥー
この一年で成長したバラ、ナンバーワンです。



続いてはデルバールのプティ・カドゥシリーズから。
Fee Clochette
フェ・クロシェット
(鈴の妖精)
プティ・カドゥシリーズの中では、この子が一番好みです。
ミニバラ、というよりは中輪くらい。
コロンとしたカップ。

雨で少し花弁が傷んだりくっついたりしやすいかも。
でも、ちょっと手を添えてあげるとふわふわっと開いてくれました。



昨夕からの強い雨で、いくつものバラが散ってしまいましたが 
朝、剪定もかねて花びらを集め バスルームに。
窓も開けて開放的に〜〜〜〜

森からは、鳥の鳴き声が響き渡り 
緑が太陽を反射してキラキラと輝いていました。

雨上がりのマイナスイオンをたっぷりと含んだ風が吹き込み
森林浴とRose浴。ダブルで楽しみました。

女子力アップ! したかな?


5月 25日


 Monique Darve
モニーク・ダーヴ
透明感たっぷりのバラ。

今年もとても美しく 咲いてくれました。



先週末はバラのDVD撮影。
一年がかりで撮った我が家のバラたち。
これで撮影終了。
できあがりが楽しみです。
沢山咲いている今、お天気も良い日に撮影できて、本当に良かった。


そして週末は、夫の祖父母が四国から来てくれました。
もう90歳を超える御祖父ちゃん。そして御祖母ちゃん。
完成した我が家を見てもらうことができて、そして、楽しんでもらえて
本当に本当に嬉しかった。

主人の祖父母ですが、心の底から大好きな二人。
久しぶりに会えただけでも、抱きつきたいほど嬉しかった。
我が家の庭が一番良い時期に来てくれて、沢山のバラを見せることができて 何よりも良い週末になりました。

しばらく岐阜にいる間に、できる限りの笑顔を見たい。
できる限りのことをしたい。

家族みんなが、大好きな人。



5月 22日


 庭のバラたちによって、家の佇まいも華やかになってきました。

車を降りた瞬間から バラの香りが漂ってきます。
山からは鳥の囀りが絶え間なく聞こえます。
5月22日現在、この状態です。
玄関先のバラ、ビエドゥーが沢山蕾をつけていますので、これが咲き始めたら綺麗でしょう。
階段の両脇を飾ってくれているビオラは、そろそろ終わりかな。



sottoportegoソットポルテゴ の鉄格子部分は、こんなに可愛らしく。
オールドローズの、マダム・ピエール・オジェ
ころころと咲いています。
花の大きさといい、色といい、形といい、かなり好み♪
今年はチャドクガ、ドクガ、マイマイガなどの毛虫が大発生!
我が家に限らず、ご近所でも、そして遠くの友人宅でも。
全国的なのかな?
さすがに毛虫は勘弁して〜なので、せっせと駆除しています。

バラたちも、子どもたちも守らなくては!



5月 17日


 今日もお付き合いくださいませ。バラ日記。


English Heritage
ヘリテージ
この子はね、鉢植えの時はあまり元気がなくて、お花の数も少なくて、ぽつぽつしか咲かなかったんです。
昨年、地植えにしてみたら、今年はぐんぐん伸びてくれてお花も沢山つけてくれて 大きな株に成長しました。

香りもとても良くて、優しい色合いで、散っちゃうのは早いけれど 植えてよかったな〜って思うバラ。



続いて、この子も地植えしたバラのひとつ。

Evelyn
エブリン
香りの強いバラなのに、結構丈夫!
アプリコットの色合いも、ピンクよりで好みです。
バラは満開の姿よりも7〜8分咲きが一番好きだと思う私ですが
開いてからの姿も、Evelynは許せる(笑)。



Bienvenue
ビアンヴニュ
ヒラヒラ〜の花弁。
上手に咲いてくれて嬉しい。
迎え入れたその年は、咲いてくれず。昨年も、やっと少し咲いただけ。
ちょっと難しい子。
だから、咲いてくれて とても嬉しく思います。



5月 14日


 Rose Pompadour
ローズ・ポンパドゥール


この子がいなくちゃ、バラの季節は始まらない!
今年も可愛く咲きました。

キュン!とくる香り。
最高のバラです。もっともっと花数を増やしたいので、ちょっと誘引考えないと。

はちみつ色のレンガにも、良く似合う。



ひと雨ごとに、庭の緑がどんどん濃くなって 自然の恵って凄いんだなぁと感じさせられます。
雨は嫌だな、なんて思ってしまうのですが
降り始めのときの 土から立ち上がる匂いや、レンガの通路が濡れて そこへ外灯が反射する感じ。
霧のように降る雨は、傘をさしたくないほど好きですし、しとしと降る雨も嫌いではない。
強い雨の時に、家の中で過ごす囲まれた感じも心地良い。
そして、雨上がりの清々しさ。 
雨粒をたっぷり抱えたバラたち、葉っぱに乗っかった雫。
そういうものが、とても好きだったりもします。

ちょっとずつ、梅雨に近付いているのかな。
梅雨の次は、私の好きな季節。
『初夏』って、響きがいい。

夏休みは、子どもたちと沢山過ごそう。


ちょっと先、ちょっと先の楽しみに向かって、今日もがんばりましょう。


5月 13日


 昨日に引き続いて、バラの画像から。

まずはこちら。
なんて幻想的。

大天使の名前がついたバラ、ガブリエル。


こちら、通常の画像よりシャドウをかなり入れました。
闇に浮かび上がる天使のよう。


ちなみに、ノーマル版はこちら。

基本、滅多に加工はしないのですが、たまにこうやって遊んでみると 驚く程に美しさが際立った写真になります。

あまりに美しいので、何枚も何枚も撮ってしまいます。
虜になってる、とは、こういうことなんでしょうかね。
ガブリエル。
溜息が出るほど魅力的。



さて、次は2014年NewFaceの中から、咲いたものから順にご紹介します。
デルバールのpetit Cadeaux(プティ・カドゥ)シリーズから。


Le Miel(ル・ミエル)

はちみつ
という意味の名前ですって。


Cache Cache(カシュ・カシュ)
かくれんぼ


Tarte Pomme(タルト・ポム)
リンゴのタルト


Porte Bonheur(ポルト・ボヌール)
おまもり

このプティ・カドゥシリーズ。
小〜中輪で、次々と咲いてくれます。

華やかで可愛くって、株はコンパクト。
そして、かなり丈夫!(ここ大事)
他にもありますので、咲いたらご紹介します。



そろそろ地植えのバラたちも、蕾が色付いてきました。
来週あたりは一斉に咲き始めそう!

バラを一日中楽しみたいから、できるだけ外出したくないな〜なんて思ってしまうくらいです。
ひとりでのランチでさえも、庭のテーブルで食べたいくらい。

週末はここのところ、BBQ続きだったりします。
庭の芝生の上で子どもたちが裸足になって駆け回り、夕飯を楽しみながら陽が暮れていく。
暗くなってからは、キャンドルを灯してアルコールを楽しんだりします。

今度の週末はどう過ごそう?!
晴れるといいな。




5月 12日


 みなさーん、バラの季節がやってきました!
我が家のバラたちも、次々と開花しています。

急いでカメラを構えて庭に出ました。
沢山沢山撮ったので、まずは第一弾。
びゅんびゅん飛ばしながら紹介していきますよ。
ついてきてくださいね。


まずは、
クロード・モネ
大きさといい、控えめなストライプといい、可愛い。
カップの深みも好み。
次々と花をつけてくれるので、お利口さんなバラ。




クチュールローズ・チリア。
横からのアングルも〜。
フリルに入る切れ込みが、ひらひらと美しいバラです。




そして、お友達から数年前にプレゼントしてもらったつるバラ、
アシュウェンズデイ
今年、今までで一番元気に咲いてくれてる!
嬉しいな〜。
この、何とも言えない色味が好き。



続いて、ワイルドフラワー。
とにかく花数が凄い!
たくさん咲いてくれています。
こういう、一重のバラがあると、それもまた楽しいですよ。


そして、バラには珍しい斑入りの葉。
ヘルシューレン。
花が咲いてない状態の時も、ガーデンのアクセントになってくれます。



真っ白な
サマースノー。
サマースノーは、以前の家でも大きく育ってくれて とても大好きなバラでした。
我が家でも大きく育ってほしいな〜。
早く地植えにしてあげたいんですが、ちゃんと計画立てて配置決めしないとね。




早速、玄関にもバラをいっぱい飾りました。
この華やかな感じ、一年ぶり!!
ワクワクします。

でも、まだまだこれからが開花本番!
玄関先のバラにも、こーんなに蕾がついています。

地植えにした、ビエ・ドゥー。
咲いたらどんなになるのかな。
楽しみです。