home
9月 23日


 我が家へようこそ。

自分への誕生日プレゼントに。 と、理由をつけて買ってしまいました。

金色の模様もしっかり残っていて、状態も結構いいアンティークミシン。


普段はミシンを机の中に収納して、テーブル仕様にしてあります。
我が家にやってきたその日から、もうすっかり馴染んで ずっと前からそこにあったかのよう。


ところで、うちには既にミシンの脚を使った机がありました。
以前、天板だけDIYでとりつけたものです。
そちらもリビングに置いてあったのですが、今回、新しくミシンがやってきたので、コンサバトリーに移動させることにしました。

明るいコンサバトリーに、少し大きなテーブルができたことで
毎日の朝食をここでとるようになりました。
この季節、窓を開けると涼しい風と 鳥の囀りが流れてきます。

ひとりのランチもここで。
家計簿をつけたり、読書をしたり。
洗濯物を畳む台になったり、子どもたちが宿題をすることも。

夜はキャンドルの灯りでお酒を楽しんだりしています。

リネンのテーブルクロスをかけて、雰囲気を変えて楽しめるようになりました。

こうして少しずつ住みよいように変えていく。
それが、住まいづくりだと思います。


今年のクリスマスこそは、ここでパーティー!
もう、冬の計画にワクワクしています。

9月 1日


 誕生日でした。
朝から、友人が突撃訪問してきてくれて サプライズのプレゼントを貰いました。
レモンバーベナが香る、清々しいブーケ!
白とグリーンのナチュラルアレンジは、やっぱり一番好きだと思う。

早速、玄関に飾りました。

それから、可愛い器。
私が既に持っていた雲形の2つと同じシリーズの小鉢たち。
加藤祥孝さんの作品で、輪花の可愛らしさに惹かれました。
好きなツボ、知ってるね〜。
恋人か!ってくらい、いつも一緒にいたい友人たち。
2学期も一緒に、笑顔で過ごそうね。



夜は、夫が買ってきてくれたケーキを並べて誕生日のお祝いをしてくれました。
ねぇ、まさか買い占めたの?ってほど、数々のケーキ。

一番喜んでたのは、スイーツ好きな長女ですけれど。
ベリーのケーキ、美味しかったな。

モンブランは二女と三女。
チーズケーキは長女。

ひとり2つか3っつ。選んで食べました。

住宅街の中にひっそりと、地元に愛されつづけているケーキ屋さん。
小さな店内に、宝石のように並ぶお菓子たち。
ここのケーキはやっぱり美味しい。

私も、スパークリングワインで乾杯♪
いちごのスパークリング。

ケーキと相性ぴったりでした。


末っ子が、プレゼントしてくれたのは 砂時計。

我が家のカラーにピッタリな、淡いグリーン。
白い砂がさらさらと落ちるときの音が、きれいだよって教えてくれました。



遠くに住む友人たちからも、綺麗なもの、おいしいものが届きました。

ロールストランドのプレート。
深いシーブルーが素敵すぎる。
これに合う料理を考えるのも、また楽しみだったりします。

毎年贈ってくれる二十世紀梨は、鳥取から。
みずみずしくて、シャキシャキ!
秋の味覚をありがとう。