home
9月 16日


 出町ふたばさんの、名代豆餅。
百貨店の前を偶然通りがかったら、限定100パック売っていて
30人前後しか並んでいなかったので、いそいそと列の最後に並びました。
ラッキー♪
家に帰ってから、子どもたちと おやつの時間。

お茶を点てて、のんびり。
ほっとひと息。

あぁ、今日もとっても嬉しい日。

学生時代の友人たちから、38歳の誕生日プレゼントに貰った帛紗ばさみ。
粋な織模様、とてもセンスの良いセレクトに嬉しくなっちゃう。
お稽古に行くときの気分もあがる!
もともと、友人たちとワイワイ笑いながらのお稽古なので、お稽古の日は朝から気分アップしてるんですけどね。

来月はじめには、またお茶会があります。
私にとっては大きな舞台。
ドキドキ・・・不安だけれど頑張ります。


9月 3日


 夏休みが明けて、私もまたひとつ歳を重ねました。
今年の夏は、今までで一番スケジュールがギュウギュウで
誰も何も予定のない日というのが、たった一日しかなくて
その貴重な一日も、結局、長女が勉強するというので家で普通に過ごしました。

今時の受験生って、こんなに頑張らなきゃいけないんだなと 痛感した夏休みになりました。
私達が中学生のころにはなかった、各自で申し込む高校見学会というものがあったり
塾で5泊6日の特別合宿に行ったり・・・。
5時半起床、5時50分から毎朝試験という日程が組まれていたのですが、
実際のところは 皆、4時30分起床で自主学習をして5時30分には着席していたというから驚きました。

そんな長女も、今でも続けている音楽のコンクールで地区ファイナルにおいて
ソロ部門、アンサンブル部門、ともに金賞受賞という嬉しい結果を残しました。
リオオリンピックにも負けないくらいの、金メダルラッシュ。
いつにも増して熱い夏!!
振り返ってみれば、本当に全力で過ごした日々でした。

次女の所属する吹奏楽部も、予選通過、県大会でも金賞という嬉しい結果。
夏の終わりには、3年生から1,2年生へバトンが渡されました。

三女も負傷していた薬指もすっかり動くようになり、あとは爪がしっかりと生えてくれるのを待つだけです。
レントゲンの結果、骨端線という骨が生まれる箇所が骨折によって閉じてしまっており
今後、薬指の第一関節が成長する可能性は低いとのこと・・・
ショックでしたが、悲観していても状況が変わるわけでも無いし、
明るい三女のことなのできっと、そんなことを苦にしない人生を送ってれることでしょう。

私は三姉妹をただ、深く見守ることにします。



さぁ、9月になりました。
夏の間はほとんどなかった自分時間。
のんびり裁縫するのもよし。
友達とランチするのもよし。
日帰りで京都ひとり旅に行っちゃおうかな。

ワクワクする秋のはじまりです。