home
3月 15日

 
 週末のお茶会も無事に終わりました。
とても緊張しましたが、良い経験と勉強をさせてもらえました。

前日にもお稽古をつけてもらったのですが、帰宅後、夕方から着物に着替え
自宅にあるものを茶道具に見立てて、目をつむってシュミレーションしながらの自主練習。
5回くらい復習しても、毎回違うところで間違えたりするので
当日も不安いっぱいでしたが、何とか間違えずにお点前できました。
傍からみたら、手が震えまくっていたそうですが・・・
友人であるお茶の先生からも、「パーフェクト賞」なんてメールをもらって 浮かれまくる私でした。

それにしても、その友人は こんな大変な世界で長として頑張っていて 本当に格好良かった。
悩みも苦労もいっぱいあるだろうけれど、私は友人に寄り添い
そして少しでもいいから彼女の助けになれるよう、続けていこうと思いました。

さて、今週は「和」でなく「洋」の習い事。
アレンジメントレッスンでした。

今回のテーマは、「水仙を使ったアレンジ」
いつもグリーン&ホワイトの、ナチュラルで無難な仕上がりになっているので
今回はちょっぴりダークカラーを入れてみようと花材選びをしました。

器もブラックだったので、銅葉のヒューケラがしっくり馴染みました。
水仙はピュアなイメージですが、アクセントカラーのパフィオペディルムを選んだことによって、
ちょっと大人なアレンジメントになったかな。

原種チューリップは球根ごと使用。
この可憐さ、たまらなく好みでした。

主役が2人、なのも しっくりくるアレンジでした。
今回も大満足。

玄関に飾ったので、外から帰宅して扉を開けると良い香り!
春の花は大好きなものが沢山です。

庭のクリスマスローズやムスカリたちも、切り花にして飾ろうかなと思います。



3月 10日


 少しずつ 少しずつ 暖かい空気に変わってきています。
今日はちょっと肌寒いですけれど、明日は小春日和だそうですよ。

すずらんと、ヒヤシンスとムスカリ。

どれも根っこのまま、ガラスの花器に活けてみました。
春の香りが、ふわり。

お花を楽しんだ後は、庭に植えてあげたら 来年また顔を見せてくれるかな。





昨年の三月に始めた習い事の茶道ですが
あっという間に一年が過ぎました。

でも まだまだ初心者で、落ち着いてお点前できるようになるまでには時間がかかりそうです。
ちなみに週末、市内の梅まつりの日に行われるお寺さんでの茶会に出ます。
まだまだ未熟者ですが、お点前させていただくことになり 今から手が震える思いです。
どうか、無事に終わりますように。

秋には着付けも少々習い始め、自分で着物を着られるようになりました。
今は着物に帯の組み合わせを楽しんだり、羽織や小物などをあれこれ変えてみたりして
和の装いの魅力にとりつかれています。

挑戦したいのは、自分で着物を仕立てること。
袷のものは難しそうなので、まずは単衣のカジュアル着から。
洋服に使う生地などでも、素敵なものが沢山あります。
手元に用意してあるのは、麻レーヨンの光沢ある生地。
黒地に白いストライプで、これで仕立てたら格好良いモダンな着物になりそうです。

仕上がったら、染帯と合わせて歩きたいな。