5月27日


 1ヶ月以上も前から約束していた、5月27日。
カレンダーに丸をつけて、楽しみにしていた日。

週末に買った、バテンレースと少しの小物を手土産に。
それから、ちょっと寄り道してKaraKaran*さんでアジサイを買って向かったのは、
何と、みきちゃんの家。
三女と一緒に、みきこ邸へお邪魔してきました。
初めてお邪魔する家なのに、三女ってばくつろぎすぎ!
私が車に荷物を取りに行っている間も、不安がる事無く伸び伸びと遊んでいましたから。
みきちゃんのお家といえば!
何度も何度も雑誌に登場している、かの有名なお家なのです。
ついこの間は、雑誌の表紙にもなったんですよ。凄いでしょう?

あー!この眺め、見たことあるある!!と、かなりはしゃいでました。
どこもかしこも、とっても可愛い。
雑貨の数は沢山なのに、ちっとも雑でないのです。
ちゃん整理整頓されている感じ。スッキリしていて、本当に洋書の中の1ページのよう。

みきちゃんの家の素敵なインテリアを見ていると、とっても居心地が良くて ずっとここに住みたい!って思ってしまいます。
どこを撮っても、全部絵になるのです。
これって、凄いでしょう?
とっても風通しの良い室内。
光と風が、たっぷり通る家の中。

常にカーテンがそよそよと揺れて、心地よい風を感じることが出来ます。
そんな窓辺には、ほら。 素敵なガラスの小瓶が並べられて。
そうこうしていると、みきちゃんが手際よくパパッと手を動かして ランチの支度を始めました。
爽やかに、お水にはレモンとミントが飾られていました。 うわ!丁寧!

テーブルの上には、白いガーベラ。
部屋の中にもさりげなく お庭のバラが飾ってあって、どこを見てもみきちゃんの気持ちが行き届いているのです。
ランチはパスタと、サラダ。そしてヴィシソワーズ。
これがあっという間に並べられました。早いっ!!

そしてどれも、本当に美味しかったのです。
三女なんて待ちきれず、フライングして食べてましたから。
って、思い出したらお腹が空いてきました。 また食べたいー!
ランチの後には、デザートまで用意されていました。
アイスコーヒーに、イチゴ。そして、手作りの抹茶のプリン!

抹茶、大好きなのです!私も、娘も。
これがまた美味しかったー! 柔らかくてとろけるようなプリン。
ちょこんと乗った、ミントの葉。 どこまでも丁寧な、みきちゃんのおもてなし。
彼女の場合、丁寧なんだけれど自然なのです。仕草も、準備も、笑顔も。
私なんて、慣れないことすると必ず失敗するのにー。凄いなぁ、みきちゃん。

そうそう、みきこ邸といえばトイレのリフォーム。
自分で塗ったんですよ、この珪藻土の壁。
それから遊び心のあるタイル。これも自力リフォーム。

こんなお洒落なトイレ、見たことないです。
もう、あまりの居心地のよさに、トイレでいいから住まわせて。(笑)

あっという間のお喋りタイムだったけれど、
本当に楽しい数時間でした。

ムカデの話で盛り上がり(笑)、バラの話で盛り上がり。

まだまだ話したいこと、沢山あるのに!と言いながら、
重い腰を上げて帰ろうとしたとき、
みきちゃんがお土産をくれました。

抹茶プリン!!
嬉しいーーー。ありがとう!

可愛いカップに5つ。
きっと我が家の人数分くれたんでしょう。

たくさん癒されて、たくさん笑って、たくさん食べて。
本当に本当に楽しかった!

みきちゃん、ありがとう。
住み付いてしまいたいほど、心地の良い空間と時間。


次に会えるのは、アレンジレッスンで。
きっとまた、話の花が咲くのでしょう。
5月26日


 雨上がりの日曜日。
夫に頼み込んで、仕事と仕事の合間に連れて行ってもらった場所。

「花フェスタ記念公園」

ものすごい数のバラ、バラ、バラ!!
あまりに沢山の魅力的なバラを前にして、何処に集中していいのかわからず、目が泳いでしまう私。
あっちも!こっちも!!じっくり見ていたら、1日じゃ絶対無理!
「適当に子どもたちと見てるから、バラに集中してていいよー」と言ってくれた旦那さん。感謝ー♪

気になる品種や、一目惚れしてしまったバラたちを一生懸命見つめていたら、同じエリアに居た筈の旦那さんたちとは あっという間に逸れてしまいました。
それでも、バラを見て、撮って、嗅いで(笑)、見惚れて。
園内マップを見ながら、また別のエリアに移動。
ヘリテージに、ジュード・ジ・オブスキュア。セントセシリア。
実際に見てみたかった、憧れのバラがたくさん!

しかも、どれも皆綺麗な姿で満開!
大好きなバラが、見きれないほど沢山咲いている中を キョロキョロと興奮気味に歩く私。
この上なく幸せーーーー!(笑)
お花を沢山、綺麗に撮りたくて持っていったのはマクロレンズ。
花びらの一枚一枚までくっきりと、撮りたいようにシャッターが切れる。頼りになります!

たくさんのバラを見て、一生懸命自分なりに考えたり覚えたり。
そうこうしているうちに、2時間ほど経過していました。
あ!娘たちはどうしているかな?と、携帯電話をかけてみたら・・・
すぐ近くで、カキ氷を食べていました。
他にも、バラのアイスクリームや 鮎の塩焼き、フランクフルトなどなど。

三姉妹たちも、やっぱり女の子。
花を見るのは大好きです。
長女は花のネームプレートを読みながら歩くので、ゆっくり。ゆっくり。

そして、こちらはターシャの庭エリア。
とっても雰囲気があって、憧れの庭。
ローズガーデンもいいけれど、やっぱり本当に好きなのは こういった自然な雰囲気の庭。
あちこちにガーデンベンチや、ブリキのジョウロが置かれていて、とってもナチュラル。
赤のブロックチェックのテーブルクロスも、自然と庭に溶け込んで。

そして、ターシャの庭の中に建つ 小さなショップでお買い物。
肌触りの良さに手放せなくなったバラ柄のガーゼタオルや、ターシャの絵本。
真っ白なバテンレースのドイリーは、レースの好きな友人の分と2枚。
それから、バラの模様のステンドグラス。

本当はまだまだ欲しいものがいっぱいでしたが、割れものばかりになってしまうのでここで我慢。

たっぷり咲いたツルバラたち。
ホワイトガーデンのエリアは、見事なほど白一色。

やはりここで一番活躍中だったのは、アイスバーグ。
ツルもフロリバンダも一番元気で、あちこちに溢れんばかりに咲いていました。
天気も良く、暑すぎず過ごしやすかった一日。
連れて行ってくれた旦那さんに感謝です。ありがとう!
とっても楽しくて、また是非行きたい場所となりました。

5月22日


 今日のバラたち。
毎日毎日、バラの写真でしつこいですが、今日もいきます。(笑)
なんてたって、期間限定ですから。

まずはカフェから。
剪定した他のバラと一緒に束ねてみたら、優しい色合いが 互いに惹きたてあって。
カフェに、ジェネラスガーデナー。それからアイスバーグ。

後ろの麻紐は、ツルバラを誘引するためのもの。
大巻きで、大活躍。

カフェ独特のミルクティー色も、少し、オレンジが強くなってきました。
満開になる頃は、もっとベージュ色に変化します。


我が家にある、唯一のオレンジ〜茶系のバラですが、
なんて深みのある色なんだろう、と
毎日見惚れているバラです。
房咲きでたっぷり開花な、プリンセス・オブ・ウェールズ。
ダイアナ妃に捧げられた、バラ。
少し寂しげにも見える、儚いほどのピンク。

こちらはタイム。
ハーブの中でも、主張しすぎず、可愛らしくて繊細な花が好き。

アルミのバケツに植えて木から吊るしてあるので、枝垂れるように咲いてくれます。
そして、そろそろアジサイの季節がやってきます。
昨年植えた、たくさんのアジサイ。
柏葉アジサイは既に咲いています。
5月はバラ。6月はアジサイ。 どの季節もやっぱり、花と一緒が心地よいと思います。

まだ低木だけれど、細長くて深さのある鉢に植えてある、オリーブの木。
今年は花芽がたくさんついています。乳白色の小さな花が咲くそう。ワクワク!



話は変わりますが、今日はお義母さんの誕生日でした。
用事と用事の合間を縫って、これまたスケジュールいっぱいの義母を捉まえました。
どうしても今日渡したかったのです。 誕生日プレゼント。

誕生日当日に祝ってもらえるのと、後日に祝ってもらえるのとでは、やっぱり 嬉しさが格段に違うはず。
プレゼントは何にしようかと凄く悩んだのだけれど、スワロフスキーの新作イヤリング。
お義母さんは、イヤリングが大好きだから。
いつもお洒落で可愛いお母さんに、とってもとっても似合っていました。良かった!

そして何より。
母の言ってくれた言葉が嬉しかった。
「私ね、上手く言葉で表現しきれないのだけれど、今、胸の中がとってもあったかくて ポッカポッカしてる。」
少し潤んだ、幸せそうな目で言ってくれた言葉。
やっぱり、今日 会いに行って良かったな、と思いました。

Happy Birthday!
5月21日


 最近、カレンダーのスケジュールが 赤色ボールペンでいっぱいになっていて、
一週間があっという間に、目まぐるしく過ぎています。
そんな中、少し早起きをして、バラたちに水遣りをしながら新しく開花した花を愛でたり、蕾の数に胸膨らませたりする時間は、
自分の気持ちをリセットし、リフレッシュさせてくれる、大切な時間です。

今日は祖母のオペがあって、やっぱり心配もあって ドキドキした朝だったのですけれど、
周囲のサポートもあり、無事に元気な声を聞けたことが嬉しかった日でした。力を貸してくれた人に感謝です。
ありがとう。

そんな今朝は、サマースノーがそれはそれは綺麗に咲いていました。
実はこのサマースノーは、一昨年の冬に購入した苗だったんですけれど、
昨年の春は酷いウドンコ病にかかってしまい、全滅。
ひとつの花も咲かせてやることが出来ませんでした。

今年はこまめにこまめに手入れして、毎日病気のチェックも欠かさずにして、かなり気合の入ったバラだったのです。
「今年は絶対咲かせてみせる!」と。
そして、手をかけた分 ちゃんと応えてくれました。
こんなにたくさんの、真っ白な花を咲かせてくれたのでした。
向かって右がサマースノー。つるもぐんぐん伸びて、1、5mほどの横張りになって賑やかに咲いています。
向かって左は、フロリバンダのアイスバーグ。もう、すごい数の花が次々と。嬉しいー。

ここ、我が家のローズガーデンで一番いい眺めのとこ。(笑)


そしてそして。
私が一番最初に溺愛したバラが、今年も開花しました。
「粉粧楼」

クシュクシュっと薄くて 柔らかい花びら。
ティッシュのような、マットな質感。
100枚以上という、花弁の多さ。

雨に当たると、咲いてくれなかったり 茶色く変色してしまったりするので、軒下の、一番雨の当たらない場所で管理しています。
ウドンコ病にもかかりやすくて、毎日の管理を欠かせません。
それほどまでに、一番手のかかるバラ。

でも、手のかかる子ほど可愛い。
この繊細さは、他にはないバラだと思っています。
たくさんの蕾。これから花開いていくのが楽しみです。
朝、時間に余裕の無いときに撮った写真なので、いまひとつ魅力を伝えきれません。
ゆっくり、落ち着いて写真を撮ったらまたアップします。

そしてもうひとつ。
これも思い出のあるバラ、グリーンアイス。
自分で一番最初に購入したのが、確かこのバラ。
とっても丈夫な品種で、しだれるように咲く、可愛いミニバラです。


友人のすずめちゃんに影響されて、そして虜になったバラと過ごす時間。
最初に、「バラ、買ったよ!」と報告したのが、このバラでした。
グリーンから白へのグラデーションが、やっぱり好きな色合いです。

バラの開花を追うように、ラズベリーの実も少しだけ膨らんできました。
今年はものすごく沢山の実が!ビックリ!!
昨年、実が落ちたと思われる土からは、新たに芽が出ていて、そちらもぐんぐん成長しています。
これだけの実が熟したら、きっとジャムだって作れるでしょう。
・・・でも、毎日ラズベリーチェックしているのは、私だけじゃないようなのです。 

二女の登園バスを待っている時間・・・
一番ちっちゃな 末っ子が、待ち遠しそうに眺めていました。
5月19日


 我が家のちっちゃな 末っ子、三女。
お姉ちゃんたちが居ない昼間は、お姉ちゃんたちの机で遊びます。
シール貼りに、文字の練習(?)。
これでも本人は、とっても真剣。 

こんなに面白くて 愛おしい存在が、あと10ヶ月程で幼稚園へ通いだすかと思うと、寂しい気持ちにもなります。
今のうちの、2人時間。
毎日が過ぎていくのを惜しむように、楽しみながら過ごしていきたいと思います。

5月18日


 今日のバラたち。
また、新しいバラが咲きました。

今、庭のバラは一番の見ごろ。

一年中で一番、庭が賑やかになる時期。
Princess of Wales
プリンセス オブ ウェールズ

ひらひらとした花びら、うっすらと、儚いほどに薄いピンク。
気品があって、目を離せなくなるほどに魅力的。
次から次へと、たくさんの蕾が。
楽しみです。

ザ・ジェネラス ガーデナー
少し、俯いて咲く満開の姿。
スイレンにも似たその横顔は、とても美しくて。

後ろに写っているのは、ピエールとプリンセス・オブ・ウェールズ。
開ききって数日後、ふわっと散ってしまうのです。


こちらも蕾が次々に開花。

Cafe
カフェ

満開になると色がうすくなり、見事なロゼット咲きに。
中央のクルクルと巻く花びらも大好きなバラ。


それから、ブルーへヴン。
冬剪定をやりすぎたのか、昨年と比べてあまり大きくなりませんでしたが、花数は増えました。 色味も健在。
すっごく神秘的なバラ。

コロコロと咲いて、一気に賑やかさを増したのが、シュネープリンセス。
白雪姫という意味のバラ。

一時、ほとんどがウドンコ病になりかけましたが 懸命の治療の甲斐あって(?)、ちゃんと咲いてくれました。
とっても心配していたバラだったので、ホッとしました。

で、ピエール・ド・ロンサール
庭でひときわ目立つ、きれいなグラデーション。
今日の午後に我が家に立ち寄った義母も、思わず「あのバラ、すごく綺麗!」と声をあげたほど。

今年はまだ、小さな苗なので あと数本楽しめるほどしか期待できないけれど・・・
来年に向けて、どう誘引しようか。ワクワクしながら考えています。


そして。
アイスバーグ。

私のちいさな庭の入り口に、出迎えるように咲いています。
フロリバンダと、つると両方ありますが、古株なのはフロリバンダ。一番元気。
同じアイスバーグだけれど、つるの方がほんの少し、エレガント。


今日みたいに暖かい日だと、あっという間に開花してしまって 大好きな5分咲きのころを堪能できないのが、ちょっと残念です。
8分咲きを過ぎたバラは、なるべく早く摘みとって 部屋の中で切花として楽しみます。
明日もまた、幸せなバラたちに会えますように。
5月16日


 月に2回の、大切な時間。
数日前から指折り数えて、楽しみに楽しみにしている時間。

KaraKaran*さんの、フラワーアレンジのレッスンでした。

今回のテーマは、リンゴとパインを使ったアレンジ。
最後に「HAPPY BIRTHDAY!」か「CONGRATULATIONS!」のリボンを使ってラッピングするので、
自分でテーマを決めて、花を選ぶというレッスンでした。

さて、まずはお手本から。
エコバッグにラッピングなんて、さりげなくて素敵。

先生のテーマは、「5歳の男の子の誕生日」
初夏の雰囲気で、爽やかにアレンジしてあります。



続いて、みきちゃんのアレンジ。
もうね、今日のみきちゃんは かなり楽しくて面白くて!
お互い、気兼ねなく話せる関係になってきたせいか、涙が出るほど笑いました。
んっもーー。みきこサマってば、絶好調!!(笑) 
あ、でも勢い良すぎて(?)途中で指を怪我してしまったみきちゃん。大丈夫だったかな?
彼女の選んだ花たちは、色とりどり。跳ねだしそうなほど元気いっぱいな雰囲気でした。
見ていてるだけで、気持ちが明るくなるようなアレンジ。
「8歳の男の子の、バースデーアレンジ」だそう。

いつもながら丁寧に取り組むみきちゃん。
その仕上がりは綺麗なドーム型で。
丁寧に仕上げた最後のラッピングに使った花は、ビバーナム。
HAPPY BIRTHDAY!の華奢なリボンが爽やかでした。



そして、今回の私のアレンジ・・・
 
テーマは、「6月の花嫁に贈るホワイトアレンジ」

ラッピングに使ったバラは、ジュリア。
蕾はコーラル色なのに、開くとブラウン系の大人っぽいバラ。
ほんの少し、華やかさのあるラッピングをほどいて、エコバッグを開けると・・・
白、白、白。

フルーツのビタミンカラー以外は、ほとんど白。


ライスシャワーならぬ、ライスフラワーをたっぷり使って。
コロコロと可愛らしいピンポンマムに、スプレーマム。
グリーンがかった色合いが素敵なバラに、中央とのコントラストがポイントのガーベラ、モノトーン。
毎回外せない実もの。今回はシルバーブローニアを。
アルミの器も、大好きなアイテム。

このちっちゃなミニパイン。可愛いー。
パインに挿したタグには、それぞれ好きな文字や数字をスタンプ。
私はサイトの頭文字、「C」を。
今回もいつも通り(苦笑)、ナチュラルアレンジに仕上がりましたが、やっぱりこういう雰囲気、大好きです。


大好きなお花屋さんで、素敵な雑貨に囲まれながら過ごす時間。
和気藹々としたレッスン。
そして、愛おしい作品。

こんな時間が過ごせること、過ごさせてもらえること。 とても嬉しいです。

5月12日


 とてもニュアンスのある色のバラは、 「カフェ」という 美味しそうな名前の花。

蕾のころは、キャラメルのような色をしていて、開いてくるにつれてアプリコットピンクへと変化していくのです。

それはもう、ミルクをたっぷり入れた ロイヤルミルクティーのような甘い色。
他の白やピンクといったバラたちとはまた一味違う、ふわりと暖かく優しい雰囲気の花。
 
こちらは蕾から開きかけている花。
この、蕾の丸みが柔らかくなって 少しずつ少しずつ開いてくるときが、たまらなく好きです。

ところで、雨上がりは大抵 イソジン液を片手にウドンコ病の治療をしています。
我が家にあるバラの中でかかりやすいものは、サマースノー、シュネープリンセス、そして粉粧楼。
今日は花首の消毒中に、粉粧楼の蕾をひとつ、折ってしまいました。
粉粧楼は、私が一番大切にしているバラ。 
だから、ものすごく落ち込んでいたのですが・・・ふと、こんなことで凄く落ち込んでいる自分って、平和だなーって。(笑)

きっと、バラの好きな友人たちも同じように落ち込んだり、蕾の成長と同じように胸を膨らませたりしているんだろうなーと、
夕方になって吹いてきた、涼しい風を感じながら思いました。

5月 9日


 昨日、KaraKaran*さんで沢山のお花を買いました。
それはもう、片手で抱えきれないほどのボリュームを。

そのお花たちで、今日は3つのアレンジメントを作りました。
まず、ひとつめ。

ひとつめのアレンジメントは、大好きな友達の誕生日プレゼント。
テーマは、スプリングホワイト。

白い花ばかりを集めた、アレンジメント。
器も、後でたっぷり活用してもらえるように、野田琺瑯のホワイトシリーズ。琺瑯蓋も、勿論セットで。

白くて、透明感があって、真っ直ぐ。
優しくて、柔らかくて、清らかで。
そんなイメージの彼女。
プレゼントの相手は、みきちゃんでした。

数種類のカーネーションに、バラ。
スプレーマム、アジサイなどなど・・・

ただ、昨日は瑞々しかったアジサイが、時間毎にどんどんドライアジサイになっていってしまって・・・
アレンジを作った昼過ぎにはまだ、瑞々しい部分をなるべく使ったつもりだったのに、みきちゃんに手渡す頃にはやっぱりドライに。
残念ー。プレゼントにするアレンジって、やっぱり難しい。
お花に添えて、ホワイトリネンで作った あずま袋。
端に、ハーフリネンのレース生地を縫い付けました。
そのまま持ち歩いても、カゴの内布に使っても。
写真のカゴは、私が普段持ち歩いているものですが、もう少し大きなカゴにならピッタリサイズのはず。

彼女にプレゼントして、喜んで使ってもらえそうなものを考えて考えて、シンプルだけれど邪魔にならないものを選んだつもり。
喜んでくれてよかったー!
突然の訪問、驚かせちゃってゴメンね。


そして、残る2つのアレンジメントは・・・『母の日』のプレゼント。
カレーライスを盛るような(笑)ブリキの器。
これに、白を中心とした涼しげなアレンジを。

白いポンポンマムに、真っ白なカーネーション。本当に白!
クリームがかったバラに、グリーンのカーネーションやアジサイを使ってまとめました。
ブルースターの色がさし色になって、爽やか。
最後にアイビーで流れを作って仕上げました。

やっぱりこんなナチュラルなアレンジ、自分が好きな色だからこそ、作りやすくて、作業も楽しかったです。

これは実母への贈りもの。
早速持って行ったら、とてもとても喜んでくれました。



そして3つめ。
こちらはグンと大人っぽく。シックに。
深紅のダリアが、色っぽいでしょう?
赤いダリアの花言葉は、栄華・華麗。

そんな華やかな言葉が似合う相手は、お義母さん。
いつもお洒落で、明るいお義母さん。

ヒペリカムや、アジサイを使って、真っ赤なダリアと模様入りのカーネーションも、少しナチュラルな雰囲気に。

こういう大人っぽいアレンジは、今まで挑戦したことがなかったのですが、とっても楽しかったです。

これは、土曜日に渡しに行く予定。
喜んでもらえるかな?ワクワク!



私の大切な、2人のお母さん。
大好きな大好きな、お母さんたち。

いつまでも元気で、たくさん笑いあって過ごしていきたい。




大切なお母さんへ。
・・・・・・いつもありがとう。  
     
     娘より。
そして、まだまだ花の写真が続きます。
長いですよー、今日の日記も。(笑)

庭のバラたち。
次々と開花し始めました! もう、もう、もう!!見てください、この美しい花。
ピエール・ド・ロンサールです!
白い花びらの縁が艶やかなピンクで、とってもとっても綺麗な巻きのバラ。
ツルバラのなかでも、一番の人気と言っても良いのではないでしょうか。

まだまだ小さな苗だけれど、ぐんぐん大きくなって欲しい。


そして、次。
先日の日記でも既に登場した、ヘルシューレン。
やっぱり、この5部〜7分咲きの姿が一番好き。

実はこの苗は3年前、見切り品で500円で売っていたもの。
小さくて、少し元気のないような気がしたのを、救うような気持ちで購入した、この苗。
今ではとっても大きくなり、苗も丈夫に成長してくれて、たくさんの花をつけてくれています。

3年たった今、毎日救われているのは私です。


そしてそして。
清楚な白の、シンプルなバラ。

アイスバーグです。

アイスバーグも3年目。病気にも強くて、元気で、清らかなバラ。
大好きなバラです。
やっと今年始めての一輪が咲きました。
まだまだ蕾がたくさん!今年も期待してますよ、アイスバーグ。

そして、こちらはコロンとした小ぶりのバラ。
シュネープリンセス。

白い花って、上手に写真で表現するのが難しいー。
この品種は、ピンポン玉くらいの大きさの、まぁるい花がたくさん咲くのです。
ただ、ウドンコ病にかかりやすいので、毎日毎日欠かさずチェック。
イソジン液を片手に、庭をウロウロしています。(笑)

そして、今日の日記のトリを飾るのは、この優雅なイングリッシュローズ。

ザ・ジェネラスガーデナー。
今年の花型は、今までで一番綺麗に咲いてくれました!「バラは3年目」とはよくいったもの。まさにその通り。
綺麗で大きな、カップ咲き。

蕾もこんなに膨らんでいて、ボリュームたっぷり。
少しうつむいて咲く、今年の一番花。
美しいでしょう?
あーーもう、素敵!素敵!素敵!!!(興奮しすぎ)

ジェネラスガーデナーは、とっても丈夫。
今のところ、どの葉も綺麗で病気知らず。
丈夫なところも大好き。(笑)


こんな花たちに囲まれて過ごす5月。
どんなに心がざわつく日でも、庭に出て花たちを見て手入れをしていると 知らぬ間に心も落ち着くような
私のヒーリング・ガーデン。


私の庭。

5月3日


 のんびりと、のんびりと。

素敵な友人が遊びに来てくれました。
我が家の三人娘たちも 彼女が大好きなので、みんなで仲良くお散歩に出かけました。

葉っぱでブレスレットを作ったり
たんぽぽで花かんむりを作ったり
綿毛を飛ばしたり・・・(あまりにたくさん飛ばしすぎて、綿毛禁止令)
ゆっくりと、リラックスしながら過ごした時間。
たくさん遊んで、楽しく話して。くつろいで。
一緒に夕飯も食べて、その綺麗な友人は帰って行きました。
夕飯の残りのカレーを、旦那さまへのお土産にして。

そうそう、彼女。とっても嬉しいプレゼントをくれたのです。
またそれは、後々にご紹介。 ちゃんと形になってから、ね。

5月2日
 
今年最初のバラが咲きました。
「Verschuren (ヘルシューレン)」

この8分咲きの姿。今にも中心のカールが解けていくかのような・・・
甘い、甘い芳香。
虜になってしまいそうです。
これから始まる、この大好きな季節。
毎日、毎朝の、私の楽しみ。

もともとはハンドメイドサイトだったはずなんですが・・・
しばらくはガーデニングサイトかのような日記が続くかもしれません。

一番好きな月、5月が始まりました。
5月1日


 もうすぐ母の日。
・・・ということで、今回のKaraKaran*さんのアレンジレッスンのテーマは 「母の日のブーケ」

まずはリボンを解く前の姿から・・・。
こんなブーケ専用のBOXに、ベージュのサテンリボン。
「Thanks mama」のカードに添えたのは、ライスフラワー。
実はこれ、レッスンで少し余った分だったのですが、こうしてラッピングに活用してみたら、あら!可愛い。
はい、そして今回の作品です。

母の日ということで、カーネーションを3種類使って、小さなブーケを3つ作ります。
最後に、3つのブーケを1つにまとめて、ラッピング。

こんなナチュラルで可愛らしいブーケ、娘に贈ってもらえたら幸せだなーと思いながら作りました。
本当の母の日のプレゼントは、5月11日が近づいたら自分で挑戦してみるとして、今回はその練習も兼ねてのレッスンです。

今回は訳あって、とっても急ぎながらのレッスン。
なので、花選びも作業も お喋りなしで真剣に。
私があまりに急いで作業していたので、一緒にレッスンに通っているみきちゃん、焦らせちゃったかな。ごめんね。

ひとつめの小さなブーケ。
メインのカーネーションには、ベージュブラウン系の大人っぽい色、「オーレ」をセレクト。

合わせたのはリンゴにヒペリカム。コーディーラインで包み込むように。
リンゴの実がこれまた可愛いの! 癖になりそう・・・。

続いては、グリーンの爽やかなカーネーション、アマゾニア。
合わせた花も、これもまたカーネーション。マトリオスカ。芽キャベツみたいなコロンとした姿が可愛らしい。
そして、白いスプレーバラ、スイートオールド。

白〜グリーンでまとめた、爽やかなナチュラルブーケに。
そして、3つめのメインをセレクト。
このフリルと甘い色味、たまらない! 名前も美味しそうなカーネーション、「アイスクリーム」
今回一番好きになった花。

合わせた花は、ステルンクーゲルと、ピンクがかったつぶつぶの、ライスフラワー。
ラッピングで使ったのは、このライスフラワーです。
レッスンでブーケを作ったのは初めてでしたが、とっても楽しく作ることができました。
最後のラッピングまで人それぞれ。
ソフトペーパーの色から包み方、メッセージカードをどこにどう使うか。
箱にかけたリボンの色も選べるし、結び方も自由。


KaraKaran*さんでのアレンジメントスクールでは、お店の中で実際に売られている花たちから、自分の好みのものをセレクトできるので 花選びはとっても楽しい♪

人それぞれ違う作品に仕上がるし、その人の個性もちゃんと出てくる。
十人十色、まさにそのもの。
センスだけでなく、その時の気持ちまでも表れる気がします。



ところで・・・
今日5月1日は、スズランの日。
この日にスズランを贈られた人は幸せになれるといいます。

いつもの感謝の気持ちを、スズランに託して・・・。