3月29日



 おいしいマドレーヌ作りに挑戦。


夕食の支度ついでに マドレーヌの生地を仕込み、
深夜、日付が変わったころにオーブンに入れて焼きました。

そして一晩寝かせて・・・今朝。
しーっとりした、まさに理想のマドレーヌに。


実はね、試行錯誤しながらの挑戦で、この前に2度ほど焼いているのですが、うーん、違う。うーん、違う。と納得のいかない出来だったんです。

目標は、みきちゃんの作ってくれたような、しーっとりした、リッチなマドレーヌ。
お気に入りのケーキ屋さんにあるような、丁寧なマドレーヌ。


三度目の正直、今回はバッチリ!
しっとり、ふわっとした中に、ふわんと甘さが感じられる。
焼き菓子なのに、ジューシーとも言えるほどおいしくて、
娘たちも気持ちいいくらい食べてくれました。

休日の朝食は、おいしいマドレーヌと、おいしいコーヒー。
今朝はすっごく眠かったけれど、早起きしてよかった。

3月28日


 少し前までは白紙のスケジュールだった、春休み。
けれど嬉しいことに、友人からお誘いを受けたりして 日記に書きたい出来事満載の春休みを過ごしています。


まずは昨日の出来事を書きましょう。

午前中は娘たちのスニーカーを買いに。
スプリンググリーンの、キャンバススニーカーを三姉妹お揃いで買いました。
そんな気持ちも嬉しい午後、学生時代の友人が久しぶりに遊びに来てくれました。
以前の日記に書きましたが、ヘルシンキに旅行したときのお土産でマリメッコをプレゼントしてくれた友人です。

彼女のことは、娘たちも大好きなので大喜び。
ものすごく愉しくて、面白くて、そして優しい人なのです。

そんな彼女、「長女ちゃん、卒園&入学おめでとうー。ママも6年間お疲れさま!」と言って、素敵なプレゼントを差し出してくれました。

嬉しくなるような苗もののセットと、色とりどりのマカロン。

本当はマカロンは三姉妹へ・・・だったのですが、包みを開けるや否や、私が大興奮。
マカロン、大好きなんですー!私。

娘たちのマカロンを取り上げる、大人気ない母。(笑)
いやいや、ちゃんとみんなで分けて食べましたよ。

カフェオレ味や、カシス味、ストロベリー味もあって、おいしかったー。幸せ。

丁度、某紅茶メーカーのおまけで付いてきた マカロンストラップと色目が同じだったので、並べて撮ってしましました。画像右下。
リアルなミニマカロン。可愛いーー。

なかなか洋菓子店でも、マカロンを置いてあるところは数少なくて、探していたんです。本当に。
なんで探しているものがわかったのーー?!な、嬉しくておいしいプレゼントでした。

そしてそして。
苗ものの方なんですけどね。

彼女が車のトランクを開けて取り出したものは、茶色のワックスペーパーでラッピングされた苗ものセット。
ものすごく見覚えのある、お店のタグが付いていました。

『KaraKaran*』・・・と。

「ちょっと良さそうな、気になってたお店があったから、寄ってきたの。cocoroも好きそうなお店だったよー。」
と言う彼女。

キャー! 好きも何も、大好きなお店よーーー!
私がアレンジメントスクールに通っていることも、KaraKaran*が大好きなことも知らなかった彼女は、ビックリして大笑い。
どれもこれも、思いっきり好みど真ん中ばかりのプレゼント。嬉しい上にビックリだよー。
ナイス!!Uちゃん。

折角だし、時間も許すということなので、一緒に夕飯を食べました。
私なんかの手料理を、おいしいーおいしいー!と連呼しながら食べてくれた彼女。おもてなしの料理が作れず、申し訳ないー。
そして焼きたてワッフルをラッピングして、明日の朝食用にと お持ち帰りしてもらいました。

そのうちに我が夫も帰宅。
実は、夫も彼女のことはよく知っていて、結婚当初から一緒にお寿司を食べに行ったりしていたので すっかり仲良し。
私も娘たちも、そして夫も。彼女のことが大好きなんです。

夜も更けて、娘たちがいつもよりうんと遅いおやすみの挨拶をしたころ、彼女は帰って行きました。
寝る前にふとメールを見ると、「卒園&入学祝い、本当は長女ちゃんに、、なんだろうけど。お母さんにとっても一大行事で記念日だもんね。ありだよね♪」だって。彼女の心遣いが、とっても温かく感じた午後でした。


ありがとう。
あなたの友人でいられて良かった。
3月25日


 月に2回の、私時間。 とっても楽しみな、大切な時間。
今日はKaraKaran*さんの、アレンジスクールでした。
店内には、瑞々しい草花が並んでいます。

お花選びは最も好きな作業。嬉しくって、ワクワクも最高潮♪
こんなに沢山の素敵なお花の中から、
好きな花を自分で選べるのですよ!

今回はどんな雰囲気のアレンジにしよう?と、何日も前からずっと考えていました。
春らしく甘い雰囲気も可愛い。
大人な雰囲気のシックなアレンジも素敵。
ナチュラルなアレンジはやっぱり大好きだし・・・
あーどうしよう!悩むのが楽しいーって。(笑)

そんな今回のアレンジテーマは・・・
『エンドウを使ったリースアレンジ』

焼き網にオアシスを固定して、リースに見えるようにお花を挿していきます。
はい、まずは先生のお手本。
グリーンの中に、春らしい明るさが満載。 そして何より、形がキレイー!完璧!
自然なリース型。そしてお花にもリズム感があって、生き生きとして見えます。
それぞれのお花が沈んでしまわないで、互いに生かしあっているところ、勉強になりますー。

色の配置や組み合わせが、私の乏しい頭からはひねり出せないであろう 素敵なアレンジメント。先生って凄いなー。

 
こちらは、みきちゃんのアレンジ。

アガパンサスの白色が清楚な雰囲気の、優しいアレンジ。
いつも思うのですが、みきちゃんの作るアレンジメントは とっても優しい。ふんわりとしていて、透き通るようなアレンジ。
チューリップの蕾がちらっと覗いていて、きっと開花してくるとまた違った表情を見せてくれるんでしょう。


それがですね・・・今日の花選びの時。
ふと見ると、みきちゃんと私。お互い選ぼうとしている花がほとんど同じだったのですよ。
まず葉ものを一種選ぶのですが、二人とも選んだのはコデマリ。これも一緒。
アジサイも、使いたいなぁーと悩んでいたけれど、さすがに「アジサイ使っていいですか?」と言う勇気もなく・・・。
だって、一人で使うにはあまりにも高価じゃないですか。
だから、「2人で分けて使っていいですか?」とお願いしてオッケーを貰い、これもまた必然的にお揃い。

試行錯誤の結果、結果的には全く同じ、にはなりませんでしたが、雰囲気は似たようなお花を選んでいたと思います。
やっぱり好きなものは同じだねー、と改めて思いました。



・・・で、私のアレンジがこちら。
グリーン系でまとめた、新緑アレンジ。サラダ風。(笑)

マトリオスカというカーネーションが、ミニキャベツのようで とってもおいしそう(?)
他にも、グリーントリュフという名前のナデシコ。 名前からしておいしそうでしょ?
まん丸のボールのような深いグリーンは、ガーベラ・マリモ。 何て可愛いネーミング♪
アンスリウムの微妙なグラデーションピンクが、グリーンのリースにしっとりとした大人らしさを添えて。
コデマリの花が、ほんの少しだけ可愛らしくて・・・。

それにしても、焼き網にアレンジするなんて、楽しい発想だと思いませんか?
毎回、先生のアレンジメントは、目からウロコの楽しい発見が沢山です。

今回のリースアレンジは、今までのアレンジメントの中でも郡を抜いて好き!な雰囲気に仕上がりました。
ほんの少しずつですが、成長できてるのかな??なんて自己満足してみたり。
何度も何度も眺めては、喜びと、愛おしさでいっぱいになっています。
3月24日


 週末というと大体、夫の実家で過ごします。
先々週は、お義母さんがご馳走をたっぷり用意してくれていました。
義弟家族との、お別れ会だったのです。
彼らはこれから、アメリカで新しい生活が始まります。

毎週仲良くお喋りしていた弟嫁のasaちゃんや、姪っ子と離れるのは寂しいけれど、
お祝いの門出。 元気で、そして胸を張って新生活をおくってほしいと思います。

そんな彼らへのお祝いに。

何を贈ろうかものすごく悩んで悩んで、邪魔にならなくて、毎日のように使ってもらえるもの。
そして何より、日本らしいものを選びました。

銀座夏野の、銘木箸を二膳。
お箸はやはり、日本の美しい文化だと思います。
折角なら、とっておきの一品を持って行ってほしかったのです。
箸フェチ(笑)の、弟嫁ちゃん。
きっと毎日のように使ってくれることと思います。

プレゼントには、箸のほかにロクシタンのハンドクリーム。
そして、姪っ子のブラウスを縫いました。
勿論、お気に入りのリバティプリントで。 

夏までには同じ生地で 我が家の三姉妹にも縫おうと思っています。
今度帰省してきたときには、4人お揃いで着られるかな。 楽しみです。

そんな私からのプレゼントに、お返しを選んでくれていたasaちゃん。
もう、そんな気を遣わなくていいのに・・・。
いつもいつも、周りに気を遣って 一人でも 辛くても頑張っちゃう人。


彼女が手渡してくれたのは、漆塗りのお重箱と、素敵な風呂敷。

こんな、想いのこもった素敵なセレクト。
さすがはasaちゃん。嬉しい!
綺麗な朱赤の漆が、とても丁寧な雰囲気で 本物の良さが伝わってきます。
今度のお正月は、おせちに挑戦してみようかな。
本当に良いものだから、大事に大事に使いたい。
まずは・・・お花見弁当?
3月22日


 先週は、長女の卒園式でした。
式の最中、園児たちの歌う『思い出のアルバム』が流れる中、走馬灯のように 長女が入園から今までの出来事が浮かび、
溢れ出る涙が止まりませんでした。
心配で何も手が付かなかった、入園直後。
初めての遠足の、初めてのお弁当。
運動会、作品展、発表会。
楽しくて仕方がなかったという、お泊り保育。

毎日、とても嬉しそうに通った幼稚園。
たくさんたくさん遊んだ、お友達。
給食のおばさんの作った、心のこもったお昼ごはん。
毎朝、いつも笑顔で迎えに来てくれたバスの運転手さん。
そして、子どもたちを暖かく見つめ、信じてくれた先生たち。

本当に、この園で成長できて良かった。 堂々とした長女の姿を、とても嬉しく思いました。
そうそう、この日のためにコサージュと髪飾りを、KaraKaran*さんでオーダー。

髪飾りは娘の髪に飾り、コサージュは私の胸に。 共にプリザーブドです。
大好きなアジサイを使ったコサージュ。さりげなく娘とお揃いを楽しめて、とても良かったです。
あまりに号泣していたせいか、バラの縁部分がちょっとダメージを受けていますね・・・(苦笑)
使用前に写真を撮らなかったので、一番綺麗な姿を残しておけなかったのが残念です。

ちなみに、masumiちゃんはベージュのバラを使ったコサージュでしたよ。

そして、卒園式の後はみんなでバス移動。某ホテルにて、謝恩会が開かれました。
乾杯のドリンクは、健全に(笑)オレンジジュースでした。 長女は大好きなYくんと乾杯ー♪
これからの学校は離れてしまうけれど、今までずっと3年間同じクラスで 一番仲良くしてくれた男の子。
長女にとって、楽しくて 甘酸っぱいであろう思い出を たくさんありがとう。
謝恩会ではバルーンショーや、エレクトーン演奏、子どもたちの歌など、楽しい余興がたくさんでした。
それでもやっぱり、最後には感極まって ものすごく切なくなって、涙が止まりませんでした。

担任の先生は本当に大好きでしたし、時には楽しく、時には本音で話せるほど 信頼できる先生でした。

バスの運転手さんは、毎朝ニコニコと笑いかけてくれて 園で会うときにも いつも好意的に話しかけてくれて、とても感じの良い人。娘たちも大好きな白髪のおじちゃん。
「○○(長女)ちゃん、元気でなー。」と言いながら、くしゃくしゃっと崩れる笑顔。運転手さんの涙。

この学年の保護者の方たちも、とっても好きな人が沢山で いつもいつも楽しくお話できて、恵まれた学年でした。
食事会や親睦会が楽しみで、○○ちゃんのママ、としてでなく、私自身の友達、が沢山できました。

自然の中の恵まれた環境で、学んだことは沢山あります。
頑張ること、助け合うこと。本気で楽しむこと。
きっと娘にとって、とても価値のある3年間になったことでしょう。

ありがとう、幼稚園。
そして、長女。卒園おめでとう。
3月18日

コーヒー、大好き。



可愛く包まれた とっておきのお店のコーヒー豆と、
大好きなケーキ屋さんの おいしいプリン。
そして、大人な色合いのクリスマスローズの花をお土産に、
騒々しい我が家に、遊びに来てくれたのは、

・・・みきちゃん


年明けから始まった出会いなんて思えないほど、
かなり仲良くしてもらっています。
今日は我が家の三姉妹も一緒にランチタイム。

本当に簡単なパスタランチ。
お喋りにも花が咲いて、ビックリするほどあっという間に時間が過ぎました。
優しいみきちゃんに娘たちもすっかりなついて、
ものすごいテンションで遊びだすほど・・・。(苦笑)

あーー、かなり素の状態な我が家。恥ずかしー。

みきちゃんが初めて我が家に遊びに来てくれるとなって、
昨日はKaraKaran*さんでお花選び。
月曜日はお花の仕入れ日で、新鮮なお花がいっぱい。
色んな種類のバラに、見たことのないチューリップ。
大好きなムスカリ。春らしい小手毬。
あれもこれも欲しくなってしまうほど。

たくさんの花の中から みきちゃんのイメージで選んだ花は、
淡いベージュピンクのラナンキュラス。

うん、みきちゃんのカラーって こんな感じ。
ふわっとしていて、優しくて。
主張しすぎていないけれど、主役級の可愛らしさ。
そして、柔らかで丁寧な雰囲気。

おもてなしの時はテーブルの上に飾って、
帰り際には、くるくるっとラッピング。
とっても喜んでくれて、私も嬉しい。

もうね、お花を贈りたくなるような女性なんですよー、みきちゃんって。
私が男性だったら、会うたびに贈ってるかも。
えへへ、なんてたって男前ですから。(笑)
それから、みきちゃんとお互いカメラを構えて 撮影合戦。
自然なみきちゃんを撮りたかったけれど、お互い逃げてばっかりで。(笑)

えへへ、見たいですよね。みきちゃん。
じゃーん。
もう、こんな不自然なショットばかりーーー!(笑)

あ、ピョコッと飛び出ている手は長女の手。
みきちゃんの邪魔をすることが、彼女の楽しみになっていたようでした。
もー。ほぼ初対面の人にその態度ってどうよ?ってほど、かなりリラックスして楽しんでいた娘たち。

それほどまでに、みきちゃんの人の良さが 大好きになってしまったのでしょう。
娘たちも、もちろん私も。

帰り際、去っていく車に向かって「また絶対に来てねー!」と叫ぶ娘。
そうね、母さんもまた絶対に誘うわ。

3月17日


 今日はちょっと 特別な日。
憧れの人との、ランチの約束。
朝から焼いたワッフル。
ラッピングしようと思って、あれこれ悩んで、
急遽思い立って、約束の時間前に慌てて縫った あずま袋。

彼女のイメージは、爽やかで清楚なブルー。
イニシャルタグをポイントに。


とっても楽しいランチの時間。
そして、ランチの後のショッピング。
向かった先はKaraKaran*さん。

頼んでおいたナチュラルブーケをサプライズでプレゼント。
透明感のある、本当に素敵な女性だから
まるで花嫁さんが持つブーケのように見えてくる。

とっても嬉しい時間を たくさん過ごさせてくれて、ありがとう。
これからもどうぞ、よろしくね。
3月16日


 ようやく届きました。・・・長女のランドセル。
色々迷ったけれど、丈夫さと、6年後の美しさを優先して 牛革素材のものを選びました。

色は、長女の大好きな赤。 内装はパステルピンク。 金具はつや消しシルバー。

ランドセルが届いたその日、長女は本当に嬉しそうで、何度も背負ってみたり 開け閉めしてみたり。
今は、大事そうに自分の机の上に置いてあります。
大事そうに、自分の机に。
・・・自分の机。
・・・そう、長女の机。

家の中に、学習机を置けるような空間の余裕は ハッキリ言ってありません。
ですが、やっぱり目の届くリビングに机を置いてあげたかったんです。 
ソファーを今までの位置から移動させて、そこへ机を置きました。何だか、無理やりなインテリアになってしまいましたが。

この学習机。
実は、私が中学生の時に母が新調してくれたもの。それからずっと、結婚してからも使っていた机。
昨日まではミシンを置いていた机ですが、長女へと譲ることになりました。
17年間の時を経て、随分良い飴色に変化してくれました。これぞ、本物のアンティーク?!
改めて今見ても、やっぱり好きな質感とシンプルなデザイン。
これからもきっと、ずっと一緒。

そしてそして・・・まだまだ続きます。(笑)

週末の土曜日、masumiちゃんがひょこっと顔を出してくれました。
とっても素敵なプレゼントを抱えて。

それはとても大きくて、茶色い包み紙でラッピングしてありました。
外からは何が入っているのか、全く想像もつきませんでしたが、包装を解いていくにつれ・・・
え?えっ!?えぇっ!? いいのーー!?
もう、嬉しくって大興奮。すっごく欲しいものだったんです!

うっふっふ。それは、ワッフルメーカー。
しかも、ビタントニオのバラエティサンドメーカー。
お花や喋々の形が可愛い、プチフールプレートまでつけてくれて。

本当に欲しくて、ネット検索もしていたし、春休みには絶対に買う予定だったのです。でも、どこも在庫切れだったのに・・・

さすがmasumiちゃん。すごいツボ!
出産内祝いだそうですが、もう、こんな立派な内祝い、見た事ないよー。

あまりの嬉しさに、さっそく粗目砂糖を買ってきて 朝から夕方までに3回も焼きました。合計24枚。
子どもたちも私も、どんどん食べてます。
卒園式前なのにー。あー・・・太る。
着ていく予定の服、着られるかな?
でも、やめられない止まらない。(笑)

これからは朝食にワッフル、おやつにワッフル、お土産にワッフル・・・
しばらくワッフル尽くしになりそうです。
うっふっふ、楽しみー♪

3月14日


 昨晩は10時前に寝てしまいました。
というのも、とっても疲れた気分だったから。

昨日の朝は、とっても早くから身支度を済ませて、朝10時前には名古屋駅に着いていました。
友人のeikoちゃんとの、待ち合わせ。
eikoちゃんはもうすぐ、名古屋から福岡へ引っ越します。
引越し前に、彼女のクシャクシャっとした人懐っこい笑顔をどうしても見たくて。
40分くらいの、限られた時間。あっという間でした。

彼女は、私が三女を出産する前に 絶望のどん底にいた時、夜中にもかかわらず駆けつけてくれた。
名古屋から車を飛ばして。 自他共に認める方向音痴なのに、迷いもせずに駆けつけてくれた。
こんなに一生懸命になってくれる友達、そうそう居ない。

いつもクシャクシャっと笑う、邪気の無い笑顔。
その笑顔を見るといつも、こっちまで嬉しさが伝わってきて。

そんな大好きな彼女が、もうすぐ遠くへ引っ越してしまう。
笑顔で話しているつもりだったのに、何故かどうしても目頭が熱くなる。彼女も、目が潤んでる。
駅の隅っこで、お互い抱擁しながら泣いてしまいました。
これが別れじゃない、と言いながら彼女は去っていきました。

彼女に渡した、あずま袋。
前夜に縫うつもりだったのに、ひどい頭痛で縫えなかったから、当日の朝に早起きして縫ったもの。
私も同じ柄の同じものを使っているから、お揃い。
喜んでくれて良かった。
彼女はいつもプレゼントしたものを大切に、そしてちゃんと使ってくれている。それがとっても嬉しい。
ありがとう、eikoちゃん。
eikoちゃんが縫ってくれたアームカバーとポットマット、私、毎日使ってるよ。ありがとう。

3月11日
今日は月に2回の、お楽しみの日。
KaraKaran*さんのフラワーアレンジのレッスン日。

もちろん、みきちゃんも一緒です。
今日のみきちゃんは、春らしく明るいベージュで軽快な装い。
キラッキラのシルバーラメが眩しいほどのバレエシューズ、
とっても可愛かったです。


今日のアレンジは、ガラス瓶を使ったアレンジメント。
茎も使って、花束が置いてあるようなイメージで。

今回もバランスのとり方が難しかったです。
まずは先生のお手本。
淡いピンク〜オレンジのグラデーションが、優しい雰囲気。

スイートピーやオレガノで、上手に流れを作ってあって・・・はぁー溜め息もの。さすがです。

そして、みきちゃんの。

キャラメルアンティークという、大輪のバラを使ったアレンジ。
チューリップも使ってあって、とってもキュート♪何て春らしいんでしょう!

やっぱり、どんな花を使ってあっても みきちゃんらしいアレンジに仕上がってます。
優しくて、穏やかで、柔らかいイメージ。

そして・・・私のアレンジ。

春をすっ飛ばして、もう初夏?な勢いだし。(笑)
メインを白にするかイエローにするかで、最後まで悩んでたんですよ。
白の方が良かったかな?とも思いましたが、何かね、色々なものに挑戦してみたかったんです。

でも、元気で爽やかな雰囲気に仕上がって、これもまた満足です。
毎回毎回くどいようですが、花を選ぶ作業が本当に楽しくてーー!
これに勝るワクワク感、そうそう無いかも!ってほど 楽しいんです。
これも、普通の花屋さんでは見かけないような ナチュラルな草花が揃うKaraKaran*さんだからこその楽しみ。

さぁ、次回のレッスンはどんなだろう?
3月10日


 2週間前に、KaraKaran*さんのアレンジメントで使ったヒヤシンス。
ちょうど今日、満開になりました。

先生は「かなりビビッドなピンクの花が咲くと思います。」って言っていたけれど、
確かに先生のお手本のヒヤシンスは、赤紫のようなピンクだったけれど、
蕾が段々と色づいてきて、毎日ワクワクしながら水を替えて。 そうして咲いた花の色は・・・とっても綺麗なピンク色。
桜貝のような、とっても愛らしいピンク。
撮影したのは朝だったので、午後にはてっぺんの花も開いて、楕円の綺麗な形に。

くるん!と反った花びらが とてもキュート! 
そして何よりも、あの、透き通るような 春の香り。

庭に植えた球根たちも、一斉に芽を出し始めました。
たっぷり植えたチューリップ。そして、ムスカリ。
これからが、楽しみな季節です。
3月4日

 KaraKaran*さんから、素敵な配達がありました。
送り主は実母でした。

母も私も、お互いの記念日に贈りものをします。
今日は、7回目の結婚記念日でした。


小さなカゴいっぱいの、クリスマスローズのアレンジ。
そして、質の良い ケヤキのトレイ。

このトレイは、前にお店で手にとって、とても気に入ってしまったのですが、お値段もそれなりで 一度は諦めたもの。
何だろう?と思いながら開けた瞬間、ものすごく嬉しくて!!

適度な堅さと、サラリとした柔らかな手触り。
見事な木目。そして、艶やかな木肌。丁度良い重み。
あーもう。本当に幸せ。ありがとう!

ミニカゴのアレンジは、シックなクリスマスローズにエンドウ。
新緑のグリーンが生き生きしています。
私がクリスマスローズを大好きだということを知っている、
KaraKaran*さんだからこその、気の利いたアレンジメント。
届けてくれたオーナーさんも、とってもユーモラス。
本当にいつもいつも、ありがとうございます。


暮らしの中に、常にお花があるということ。
常に、愛おしいものの存在があるということ。
庭や花壇の花もそう。家の中に飾る花もそう。

だから、月2回のアレンジレッスンは本当に楽しみで。
次は、どんな雰囲気に仕上げようかな?と毎日 指折り数えていたりします。あーもう、待ち遠しい。


お母さん、そしてKaraKaran*さん。
今日も素敵なお花を、どうもありがとう。
3月3日


 人との付き合いは本当に難しくて、
だからこそ慎重に、慎重に・・・と思うのですが
心許せる人との触れ合いは とても楽しくて大好きです。

そして大抵、「この人とは仲良くなれる気がする!」とピピッときた人とは、有難いことに とても仲良くさせてもらっています。
そして、友人たちには本当に恵まれているので、
対人関係のストレスなんて ほとんど感じたこともなく、
「この人、すごく嫌い!」なんてこともなく、
穏やかな日々を過ごしています。


でも。
今日は悔しいほどに憤りを感じました。
やっぱり、「保護者同士のお付き合い」は、難しいです。
自分とは違う意見も、まずは理解しようと心がけています。

でも・・・沢山の優しさや寛大な気持ちで見守って支えてくれた人に対して、
どうして、感謝しようとしないの?
どうして、ありがとうと思えないの?
どうしてその優しさを、「当たり前」なんて言えるの?

結局、何も言えなかった自分が情けないのかも知れません。
何かとても辛く感じて、
何故か泣きたいような気持ちがいっぱいになって
久しぶりに、寂しさを強く感じました。

やっぱり、人として 感謝の気持ちを持つことは大切だと思う。
娘たちに、最近言い聞かせていることがあります。


優しさは、たくさんたくさん分け与えても、減ることはないからね。
それどころか、相手も優しい気持ちになって 倍に膨らむんだよ。凄いでしょ。
いっぱい優しい気持ちを分けられる人になってね。

決して、自分と人を比べて 自分の方が優れているとか、勝っているなんて思わないこと。
それは優しい気持ちじゃないからね。
それは、凄く意地悪な、醜い気持ちだとママは思う。



私自身、まだまだ足りないことがいっぱいで 反省ばかりで 失敗や後悔ばかりだけれど、
強く感じること。娘たちに伝えていきたいこと。