9月19日


 台風接近中です。

週末は長女の通う小学校での運動会。
晴れてくれることを願います。



ちなみに、本日より三女が発熱中。
朝、いつものように抱っこしたら あれれ?熱い?
・・・37.8℃でした。
熱だけですが、少しでも早く元気になってくれますように・・・

だって、来週は大事なイベントが待っているのですから。
子どもたちが 指折り楽しみにしている、
一年に一度のイベントが。





ラベンダーの香りって、昔よりずっと好きになったもののひとつ。


リネンで作ったラベンダーサシェ。

いくつも作って、遊びに来てくれた友達にもプレゼント。
クローゼットにはもちろん、水周りの水臭さも解消してくれます。

来週 北欧へ旅行に行く友人は、スーツケースに入れて持って行ってくれるそう。


ほんの少しの時間でできる リネンの小物。
こういった手仕事も楽しいのです。


でもでも。
そろそろ肌寒くなってきましたから、3人娘たちの秋物にも取り掛からなくては
また季節に追われてしまいます。


ワンピースにスパッツ。
フードつきパーカーも作ってあげたい。
ミシンに向かう時間がもっと欲しい、季節初めの9月です。
9月14日


 誕生日に夫が予約しておいてくれた、KaraKaran*さんのアレンジメント。(支払いは私・・・苦笑)
手ぬぐいや、ランチバッグの雑貨と一緒に。

先日お邪魔した素敵な雑貨屋さんで、トイレの手拭きに手ぬぐいが置いてあって
それがとても良かったので、我が家も同じようにしてみました。 なかなか良いです。

ちなみに、その雑貨屋さんとはこちら。
「isolee」さん。
古民家を改装してあって、真っ白に塗った壁がこざっぱりしていて 居心地の良い空間でした。

大好きなコーヒーをもっとおいしく飲みたくて、悩みに悩んで購入した、手作りガラスのネルドリッパー。
4人用と2人用と迷ったのですが、温かいコーヒーを冷まさずに飲みたいので やっぱり2人用。
それから、ミニサイズのミルク入れも。
こんなに小さくても、ちゃんと同じように作られていて可愛い!

ミルクではなく、一輪挿しとして使われる人も多いのだとか。
でもやっぱり私は、おもてなし用のミルク入れにしたいな。
ちなみに isoleeさんには母と同行したのですが、会計を先に済ませた私が車の中で待っていると 後から店を出てきた母がくれたもの。

イニシャルモチーフの、シルバーリング。

この指輪。
店内で私が気に入ってしまい、何度も悩んだ挙句に「贅沢だから、我慢しよう。」と諦めたのを見ていた母が、
私が店を出た後に こっそり買ってくれたのでした。

フランスのアンティークのイニシャルスタンプを使った、オリジナル商品だそう。
このさりげなさと、大きめの幅が素敵です。
私、金属アレルギーでネックレスやピアスは シルバーだとかぶれてしまうのですが、指輪くらいなら大丈夫。
嬉しくて嬉しくて、左手の小指にはめています。




それから、この間のフラワーアレンジのレッスンの時。
いつも一緒に通っている、みきちゃん
彼女がこんな素敵なプレゼントをくれました。
「はい!」と、差し出されたとき、一瞬何のことかわからず、「え?お土産?何処か行ってきたの?」なんてオオボケしてしまった私。
なんと、誕生日のプレゼントでした。嬉しい!

中身は・・・うふふふ〜♪ にやけてしまうほど、素敵なものばかり。
オーバルボックス。バターナイフ。鍋敷き。クロスに、キャンドル。
それから、みきちゃんのポスカ。 えっと、これはジュビリー・セレブレーションかな。艶やかな花弁が色っぽくて。

オーバルボックスは、私もずっと気になっていたものだったから みきちゃんのセレクトに溜息です。
あぁ、さすが みきちゃん。

いつも自然体で気取っていなくて。楽しく会話できる、大好きな大切な友人。
彼女の気遣いや、笑顔や、会話を、同じ空気が流れる空間で 一緒に感じることができる。
まだ、出会って一年も経っていない仲なのですけれど、もう何となくわかるのです。
みきちゃんとはきっと、これからも永い付き合いができる。

この出会いに感謝。
みきちゃん、ありがとう。
9月7日


 1ヶ月も前のことを今更ながら・・・
KaraKaran*さんのアレンジメントレッスン。
8月のテーマは、プリザーブドフラワーを使ったアレンジでした。

夏場は生花の持ちも悪いため、プリザーブドとは嬉しいテーマ。
何色かのアジサイの中から、好きな色を3色選びます。
 

飾ってあったお手本は、赤みの入ったタイプと 赤みの無いタイプ。

そんな先生の作品に影響を受けながら、
自分の作品に使う花材を選びます。


私は、白・ライトグリーン・くすんだブルーをセレクト。

この日の生徒は4人だったのですけれど、
何と4人とも全員が 同じ色の組み合わせを選んでいたのにはビックリ。


アジサイとステルンクーゲル、それから葉のバランスを見ながら
ワイヤーに花を繋げていって・・・

そのままで、ガーランドに。
くるっと丸めて、リースに。

革ベルトがポイントになっていて、ちょっといい感じ。





同じアジサイの色を選んでいても、作る人が違えば作品の雰囲気も違います。
みきちゃんのリースは、まるでアンティークが漂わせるような優しい雰囲気。

そして、私のリース。

色気のないような、さりげないリースは部屋の中にも溶け込んで。
クシュクシュッとしたアジサイ。
ポコポコッと、ステルンクーゲルが良いアクセントになっています。
こんなお気に入りのものが、自分の手で作れる幸せ。
毎回楽しみで仕方のない、アレンジメントレッスン。

さぁ、今月も楽しみに行ってきます。
9月1日


 30歳になりました。


 夏休みの間、思っていたよりもずっと時間が足りないような毎日を送っていて
8月は、ほとんど日記の更新が出来ませんでした。

写真も実はあまり撮っていなくて・・・というのも、カメラをゆっくり構える時間もままならなかったのですが。

花火大会のとき、三女に着せた浴衣は、義母からの贈りもの。
紺地に可愛らしいプリントのもので、とても良かったです。

8月末にバタバタした理由はもうひとつありました。

四国に住む主人の祖母が、永い生涯を閉じました。101歳でした。
主人や義父母にとって、とても存在の大きかったお婆ちゃん。

お婆ちゃんが息を引きとる数時間前。
最後にお婆ちゃんと触れ合ったのは、一番可愛がられていたという、主人でした。
四国に向かう途中、淡路島のSAにて。

観覧車に乗りたがる娘達を説得するのに 一苦労。